知英、殺し屋役に「自分でも怖い」 今年3本目の主演作「殺る女」封切り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月27日 > 知英、殺し屋役に「自分でも怖い」 今年3本目の主演作「殺る女」封切り
メニュー

知英、殺し屋役に「自分でも怖い」 今年3本目の主演作「殺る女」封切り

2018年10月27日 14:30

初日挨拶に立った知英「殺る女」

初日挨拶に立った知英
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の知英が10月27日、都内で行われた主演作「殺る女」の初日舞台挨拶に登壇。復讐に燃える殺し屋を演じ「自分でも怖い」と振り返り、「失敗しない冷静なキャラクター。何を考えているかわからず、どう役に向き合えばいいのか悩んだ」と語った。

幼い頃に家族の命を奪われ、運命に翻ろうされる殺し屋・愛子(知英)の復しゅう劇を描く。全国14スクリーンで封切り。知英にとっては「レオン」「私の人生なのに」に続き、今年3本目の主演作で「いろいろなキャラクターと出会うことで、女優として勉強になった。最近は『役になるには、どうしたらいいか』と考えるようになり、(女優業が)楽しくなってきた」と瞳を輝かせた。


画像2

[拡大画像]

寡黙な殺し屋という役どころで、セリフも少なく「最初はラッキーだと思った」。実際には、言葉に頼らない感情表現が求められ「思っていたより大変で、ナメていたかなと(笑)」と反省する場面も。それでも「いい時間を過ごせた。また愛子に会いたい!」と強い思い入れを示していた。

舞台挨拶には知英をはじめ、共演する武田梨奈駿河太郎、監督・脚本を手がけた宮野ケイジが登壇。「知英さんは完ぺきすぎて、何も言えない」(武田)、「でもちょっと天然かな」(駿河)と知英の印象を語ったほか、宮野監督は「人を殺すたびに、きれいになる女優陣に注目してほしい。キャストの皆さんが、役をしっかり理解し現場入りしてくれたので、ジャッジしやすかった」とアピールしていた。

(映画.com速報)
レオン ブルーレイ & DVDセット【通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] レオン ブルーレイ & DVDセット【通常版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,064 知英の映画初主演作で、知英扮する地味なOLと竹中直人扮するセクハラおやじの体が入れ替わってしまい騒動を繰り広げるコメディ映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi