小松菜奈&門脇麦のギターデュオ 切ないコーラスが響くライブシーン公開

2019年5月28日 08:00

キャリア初の歌唱演技に挑んだ小松菜奈
キャリア初の歌唱演技に挑んだ小松菜奈

[映画.com ニュース]小松菜奈門脇麦成田凌が共演する音楽ロードムービー「さよならくちびる」のライブシーンが公開された。先日CDデビューを果たした小松と門脇による劇中のギターデュオ「ハルレオ」が、シンガーソングライター・秦基博による主題歌「さよならくちびる」を、はかなげな雰囲気で歌い上げている。

塩田明彦監督(「どろろ」「抱きしめたい 真実の物語」)がメガホンをとった本作。インディーズの音楽シーンで活躍する「ハルレオ」は、それぞれの道を歩むため解散を決めた。美しさで人を惹きつけるレオ(小松)と、才能で人の心を奪うハル(門脇)は、付き人のシマ(成田)とともに全国7都市をめぐる解散ツアーに出発。道中それぞれの秘密が明らかになり、すれ違う感情をぶつけ合って生まれた楽曲が、やがて3人の世界を突き動かしていく。

映像では、ギターを弾きながら歌唱する「ハルレオ」を活写。ほとんど口もきかない関係となってしまった2人だが、音楽が始まると息の合ったギターと、切なく響くコーラスで聞く者を魅了していく。本作でキャリア初の歌唱に挑戦している小松をはじめ、門脇、成田を含めた3人はほぼギター初心者。多忙の中で数カ月のトレーニングに取り組み、3曲のギターと歌を習得するまでに成長した。

主題歌をプロデュースした秦は、塩田監督から「『さよならくちびる』というタイトルだけれど、単に悲しく泣けるバラードではなく、爽やかで前向きな感じにしたい。新しい自分に生まれ変わろうともがく歌にも、愛する人へ別れを告げる歌にも聞こえるようにしたい」というリクエストがあったと明かす。「最初に頂いた脚本に書かれていた『さよならくちびる』という言葉。その言葉を、ハルとレオならどんな風に歌うのだろうかとイメージしながら詞と曲を書きました」と述懐した。

さよならくちびる」は、あいみょんが挿入歌の作詞・作曲を担当。5月31日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース