J・デュジャルダン×M・ロラン 偽の英雄をめぐるロマンチックコメディ、10月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年5月24日 > J・デュジャルダン×M・ロラン 偽の英雄をめぐるロマンチックコメディ、10月公開
メニュー

J・デュジャルダン×M・ロラン 偽の英雄をめぐるロマンチックコメディ、10月公開

2019年5月24日 10:00

J・デュジャルダンと「アーティスト」の プロデューサーが再タッグ!「英雄は嘘がお好き」

J・デュジャルダンと「アーティスト」の
プロデューサーが再タッグ!
(C)JD PROD - LES FILMS SUR MESURE -
STUDIOCANAL - FRANCE 3 CINEMA - GV PROD
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー俳優ジャン・デュジャルダンと、女優や監督として活躍するメラニー・ロランが共演したロマンチックコメディ「リターン・オブ・ザ・ヒーロー(英題)」が、「英雄は嘘がお好き」の邦題で、10月11日に公開されることがわかった。あわせて特報とポスターもお披露目され、映像には、嘘によって生まれた“偽の英雄”が招く事態に慌てるロランと、不敵な笑みを浮かべるデュジャルダンが映し出されている。

物語の舞台は、1809年の仏ブルゴーニュ。裕福なボーグラン家の長女・エリザベット(ロラン)には、戦地から戻らない婚約者・ヌヴィル大尉を待つ健気な妹・ポリーヌがいた。妹を気の毒に思った姉は、ヌヴィル大尉(デュジャルダン)のふりをして書いた手紙を送り続け、遂には第一線で大活躍の末に戦死したことにしてしまう。3年が経ったある日、エリザベットは街で偶然ヌヴィルに遭遇。嘘の手紙の件を隠したい姉、恋人の再登場にときめく妹、そして自らを「偽の英雄」に仕立て上げた嘘を利用して一儲けしようと企む大尉……3人の思いが交錯し、やがて大きな騒動へと発展していく。

プチ・ニコラ」「おとなの恋の測り方」のローラン・ティラール監督と「アーティスト」のプロデューサーがタッグを組む本作。「アーティスト」で第84回アカデミー賞の主演男優賞に輝いたデュジャルダン、本作でコメディ初挑戦となり、「イングロリアス・バスターズ」や監督作「ガルヴェストン」で知られるロランが共演を果たした。本物の城で撮影を行ったという豪華絢爛な映像にも注目だ。

ポスターには「帰ってきちゃった!」と胸を張るヌヴィル大尉と、「帰らなくてよかったのに…」と浮かない顔のエリザベットをコミカルに活写。「英雄は嘘がお好き」は、10月11日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される。

(映画.com速報)
イングロリアス・バスターズ[Blu-ray/ブルーレイ] イングロリアス・バスターズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,076 1944年、ナチス占領下のパリ。ナチスに家族を殺された映画館主のショシャナは、ナチス高官が出席するプレミア上映会の夜、復讐を果たそうと計画を練る。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報