殺してもらうはずが生きる希望が沸いた!? 死にたい小説家×殺し屋の追走劇、8月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月23日 > 殺してもらうはずが生きる希望が沸いた!? 死にたい小説家×殺し屋の追走劇、8月公開
メニュー

殺してもらうはずが生きる希望が沸いた!? 死にたい小説家×殺し屋の追走劇、8月公開

2019年4月23日 18:00

自殺未遂を繰り返す小説家役の アナイリン・バーナード「やっぱり契約破棄していいですか!?」

自殺未遂を繰り返す小説家役の
アナイリン・バーナード
(C)2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
[拡大画像]

[映画.com ニュース]死にたい小説家と、殺したい暗殺者の出会いが巻き起こす騒動を描いた「デッド・イン・ア・ウィーク オア・ユア・マネー・バック(原題)」が、「やっぱり契約破棄していいですか!?」の邦題で8月に公開されることがわかった。「ダンケルク」に出演したイギリスの若手俳優アナイリン・バーナードと、第70回アカデミー賞作品賞にノミネートされた「フル・モンティ」で知られる名優トム・ウィルキンソンが共演する。

小説家志望の青年ウィリアムと落ちぶれた殺し屋レスリーが紡ぐ、“人生をかけた1週間”をめぐる追走劇。バーナードがウィリアム、ウィルキンソンがレスリーに扮し、「モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト」のフレイア・メイバーが出版社に勤務する女性エミリーをキュートに演じている。


落ちぶれた殺し屋役のトム・ウィルキンソン「やっぱり契約破棄していいですか!?」

落ちぶれた殺し屋役のトム・ウィルキンソン
(C)2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
[拡大画像]

小説家として芽が出ず、人生に絶望し自殺未遂を重ねるウィリアム。そんなある日、英国暗殺者組合の会員として輝かしいキャリアを誇る殺し屋レスリーと遭遇する。年老いたレスリーは今や、毎月の暗殺件数ノルマを達成できず、自殺スポットに出向いては自殺志願者と殺人の契約を結び、引退を先延ばしにしていた。ウィリアムは、1週間以内に自らをターゲットにした暗殺をレスリーに依頼。その矢先、ウィリアムは小説を出版するチャンスに恵まれ、出版社のエミリーとも良い雰囲気になり、生きる希望が沸いてしまう。

「やっぱり契約破棄していいですか!?」は、8月30日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

(映画.com速報)
ダンケルク[Blu-ray/ブルーレイ] ダンケルク[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 「ダークナイト」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が、初めて実話をもとに描く戦争映画。史上最大の救出作戦と言われる「ダイナモ作戦」が展開された、第2次世界大戦のダンケルクの戦いを描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報