アニマル浜口「居眠り磐音」を大声でアピール、孫は「うちでもうるさい」と苦笑い

2019年5月22日 19:00

「磐音だ、磐音だ、磐音だーーー」
「磐音だ、磐音だ、磐音だーーー」

[映画.com ニュース] 松坂桃李が時代劇に初主演した「居眠り磐音」の公開記念“全世代でい~わね”トークイベントが5月22日、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、メガホンをとった本木克英監督が出席。応援ゲストとして、アニマル浜口・初枝夫妻、娘の浜口京子、夫妻の孫で京子の甥っ子にあたる浜口京太郎くんが駆けつけた。

佐伯泰英の人気時代劇小説「居眠り磐音 決定版」シリーズを初映画化。暗い過去を抱え、浪人の身となった坂崎磐音(松坂)が、行きついた江戸で新貨幣をめぐる陰謀に立ち向かう。本木監督は「日本の伝統文化である京都の時代劇。その手法と精神で作り、悲恋を軸に、時代劇ならではの娯楽性も詰まっています」と見どころを語った。

アニマルは登場するなり「磐音だ、磐音だ、磐音だーーー」とおなじみの大声でアピール。「磐音さんはかっこいい。心は優しく、剣は強く。何だか、春風だねーーー」と主人公の魅力を語り、隣に立つ京太郎くんに「京太郎、どう思った? 大きくなったら、磐音さんみたいになりたいだろ!?」と迫る場面も。当の京太郎くんは「うちでもうるさいので……」と苦笑いし、「見どころはふたつの両替屋さんのもめ事を、磐音さんが解決するところです」と冷静に話していた。

祖父母の影響で、時代劇が好きだという京子は「その時代、時代の生活習慣や食べ物を見ることができる。この作品にも、おいしそうなものが屋台で出てくるんですよ」とにっこり。劇中で描かれる悲恋については「人を思うすばらしさと言いますか、恋っていいな。恋を始めようかなと思いました」と乙女心をのぞかせた。初枝さんは「涙々ですばらしい映画。人生いろいろありますが、勇気づけられます」と感動していた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース