そのヒーローネームはダサすぎるって…「シャザム!」本編映像 緒方恵美らのコメントも

2019年4月30日 10:00

「サンダー・クラック」になる 可能性があった!?
「サンダー・クラック」になる 可能性があった!?

[映画.com ニュース] DCコミックスのヒーローを映画化した「シャザム!」(公開中)の新たな本編映像が、このほどお披露目された。日本では4月19日に封切りを迎えると「最高に楽しくハッピーな作品!!」「アメコミヒーロー映画のベストオブザベスト!」「この映画に今出会えてよかった!」と絶賛の嵐。週末の興行収入ランキングは第4位、洋画ではNo.1を記録し、興収10億円突破が視野に入るスタートを切った。

身寄りのない少年ビリー(アッシャー・エンジェル)はある日、魔術師からヒーローの才能を見出され、世界の救世主に選ばれてしまう。「シャザム」という魔法の言葉をとなえると、S=ソロモンの知力、H=ヘラクラスの強さ、A=アトラスのスタミナ、Z=ゼウスのパワー、A=アキレスの勇気、M=マーキューリーの飛行力という6つの絶対的パワーを持つ、筋骨隆々の最強ヒーローに変身。スーパーマンを凌ぐ力を手に入れたシャザムザカリー・リーバイ)ことビリーだが、心は少年のままのため、愉快な日常をひたすらに浪費していく。

本編映像は、シャザムの姿となったビリーが、相棒・フレディ(ジャック・ディラン・グレイザー)とともに“稲妻パワー”を満喫するシーンからスタート。続けて遠くから女性の悲鳴が響き、その場に駆けつけようとしたビリーは、超高速のワープが出来る能力を体得していることに気づく。ある勘違いがあったものの、強盗男に襲われていた女性は、ビリーに「あなたは誰?」と質問。その言葉を聞いたヒーローオタクのフレディは「彼は“サンダー・クラック”。稲妻のパワーと速さで人々を守る」とドヤ顔だ。ビリーが「ケツ(クラック)割れ?」と顔をしかめれば、気を取り直して「Mr.フィラデルフィア」「パワー・ボーイ」とダサすぎるヒーローネームを提案し始める。

また本作のヒットを記念して、日本語吹き替え版に参加した緒方恵美阪口大助平野綾のコメントも到着。ビリーの声を担当した緒方は「『少年が、その心のままにスーパーヒーローになる!』。いつか夢みた王道的な作品なのに、とっても身近!(笑)。全年齢楽しめますが、様々なコアファンの方に楽しんで頂ける要素も満載。笑って震えてキュッとして、萌えて燃えられる映画です。見終えたら、一緒に叫びませんか? 『シャザーーーム!』」とアピールしている。

一方、フレディ役の阪口は「『いいなぁ…』。ビリーとフレディの悪ふざけのシーンの感想です。僕にはあんな滅茶苦茶な思い出はないけど、男子だったらみんな特殊能力が欲しいし、憧れるシチュエーションじゃないかなぁ。でも犯罪行為はダメですよ(笑)」と忠告。ビリーとフレディにとって姉のような存在であるメアリーを演じた平野は「爽快なヒーローアクションコメディかと思いきや、心温まる家族愛のお話…。かと思ったら、映画館で声を出して笑ってしまうような…。とにかく『シャザム!』は感情が追いつきません! 見終わった後に思わず『スッキリした~!』と言いたくなったのは私だけじゃないはず!」とコメントを寄せている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース