ダンテ・カーバー「シャザム」続編あれば「絶対に出たい」と宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月9日 > ダンテ・カーバー「シャザム」続編あれば「絶対に出たい」と宣言
メニュー

ダンテ・カーバー「シャザム」続編あれば「絶対に出たい」と宣言

2019年4月9日 19:40

IMAX最速試写会に駆けつけた ダンテ・カーバー「シャザム!」

IMAX最速試写会に駆けつけた
ダンテ・カーバー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] DCコミックを原作に「見た目は大人、中身はコドモ」なヒーローの活躍を描く「シャザム!」のIMAX最速特別試写会が4月9日、東京・109シネマズ木場で行われた。DC映画が好きだというタレントのダンテ・カーバーが駆けつけ、「エンドロールが終わるまで帰らないで。パート2があれば絶対に出たい」とアピールした。

謎の魔術師からスーパーパワーを与えられた少年ビリーは、筋骨隆々で稲妻を発する超人シャザム(ザカリー・リーバイ)に変身。悪友のフレディと一緒に、手にしたパワーを使って悪ノリ全開で遊んでいたが、魔法の力を狙う科学者Dr.シヴァナがフレディをさらってしまい、真のヒーローとして奮闘する。興行収入5350万ドルで全米No.1デビューを飾ったことを受け、続編の準備が正式にスタートしたと報じられている。

カーバーは「小さい子から、おじいちゃん、おばあちゃんまで楽しめる映画。ビリーがシャザムに変身するシーンがすごく良かった」と本作をお気に入りの様子。もしも、シャザムのようなパワーを手にしたら「飛ぶパワーがほしい。どこでも行けるし、いい写真がいっぱい撮れそう」と声を弾ませ、「ヒーローを目指して、毎朝ジムでトレーニングしている」と鍛え上げた腕の筋肉を披露した。

また、DCコミックスの魅力は「話がすごく深い。(ヒーロー誕生の)インスピレーションもすごく面白い」と分析。「男性も女性も関係なく、ヒーローになれるところもいい」と性別や世代の垣根を超えたヒーローが活躍するDCコミックスの多様性に言及した

シャザム!」は4月19日から全国公開。「アナベル 死霊人形の誕生」のデビッド・F・サンドバーグ監督がメガホンをとる。

(映画.com速報)
アナベル 死霊人形の誕生[Blu-ray/ブルーレイ] アナベル 死霊人形の誕生[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,387 2013年のホラー映画「死霊館」に登場する実在の人形、アナベルの恐怖を描いた「アナベル 死霊館の人形」の続編。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報