武田梨奈、映画製作の醍醐味を再認識 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月19日 > 武田梨奈、映画製作の醍醐味を再認識
メニュー

武田梨奈、映画製作の醍醐味を再認識

2019年4月19日 18:16

4年ぶりに沖縄国際映画祭に 参加した武田梨奈「いざなぎ暮れた。」

4年ぶりに沖縄国際映画祭に
参加した武田梨奈
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 沖縄県全域で開催されている「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」で4月19日、「地域発信型映画 Supported by ひかりTV」として製作された「この街と私」(東京・葛飾区)と「いざなぎ暮れた。」(島根・松江市)が、那覇・テンブスホールで上映された。

毎熊克哉と武田梨奈が主演した「いざなぎ暮れた。」は、美保関町で古代から連綿と行われてきた国譲り神話を模した諸手船神事をモチーフに、借金の取立てに追われるホストとキャバ嬢が港町を駆け巡るロードムービー。4年ぶりに同映画祭に参加した武田は、「実はタイトルが3回も変わったんです。セリフも半分くらい変わりました。色々なものが変わって、どんどん面白くなっていきました」と明かす。そして、「すごく真剣にみんなで作り上げていったんです。久しぶりに映画作りっていいなあと思うことができました」と晴れやか笑顔をのぞかせた。

この日は、「いざなぎ暮れた。」に出演の「ネルソンズ」の青山フォール勝ち、岸健之助、和田まんじゅう、笠木望監督らも出席したが、サプライズで北海道在住の笠木監督の祖母が登壇。花束を手渡された笠木監督は感極まった様子だったが、「僕の想定ではもうちょっとドッカンドッカン笑いが起こるはずだったんですけどね」と強がっていた。


上原実矩「いざなぎ暮れた。」

上原実矩
[拡大画像]

上原実矩主演、永井和男監督作「この街と私」は、バラエティ番組志望で制作会社に入社した主人公の美希が、ADを務める深夜帯のローカル番組への不満を漏らしたことで、逆にディレクターから街頭インタビューを任されるという設定。共演した川原克己(天竺鼠)、大溝清人(バッドボーイズ)、永井監督と登壇した上原は、「葛飾は高校の友だちが住んでいたので近い印象。現場に入って、改めて人と人の距離感が近いなあと感じました。撮影が4日間で、スケジュールが大変でした」とこぼすと、永井監督は「ちょっとディスられているんですかねえ」とタジタジだった。

「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」は、4月21日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スノー・ロワイヤルの評論 スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレットの評論 コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バックの評論 ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報