武田梨奈、マリリン・モンローの魅力にメロメロ「セクシーなだけじゃない」

2018年11月2日 15:06

ビリー・ワイルダーの名作を語った武田梨奈と本木克英監督
ビリー・ワイルダーの名作を語った武田梨奈と本木克英監督

[映画.com ニュース]マリリン・モンローが出演した名作喜劇「お熱いのがお好き」が11月2日、第31回東京国際映画祭のトリビュート・トゥ・コメディで上映され、女優の武田梨奈と映画監督の本木克英がロークショーに出席した。

七年目の浮気」などのビリー・ワイルダーが監督し、マフィアに追われるミュージシャン2人が女ばかりの楽団に逃げ込む姿を描いた。ワイルダー監督の大ファンだという武田は「『麗しのサブリナ』が好きで、高校生まではオードリー・ヘプバーン派だったんです。でも最近はマリリン・モンロー派で、見返すと、ま~面白い」と明かし、「白黒映画ではありますが、ワイルダー監督作は見やすくて入りやすい」とほほ笑んだ。

本作の最大の魅力は、女性歌手シュガーに扮し、「I wanna be loved by you」のミュージックシーンなど記憶に残る名場面を紡いだモンローの存在感。武田は「名言がたくさん出てくるんですよね。それも、一言をポンと言うじゃないですか。シンプルな一言が重かったりする」と目を細め、「(モンローの)姿を目で追ってしまう。ひとつひとつの仕草がセクシーなだけじゃなく、女性が見ていても“良い”んです」とうっとりと話した。

なおも武田は、「セリフもしゃべり方も、嫌味なことを嫌味っぽくなく言えるのが魅力。『あなたは胸が小さくていいわね。私は大きくて、持て余しちゃう』。これもマリリン・モンローだからこそ嫌味に聞こえない」とあこがれの眼差し。大きく頷く本木監督も、「よくマリリン・モンローにここまでやらせているな、と監督として思った。その点でもビリー・ワイルダーを尊敬する。今だったら、事務所のマネージャーに囲まれる。本作は忖度がない、理想のコメディ」と唸っていた。

一方で「超高速!参勤交代」などで知られる本木監督は、約24年前にアメリカで撮った、ワイルダー監督との2ショット写真を披露。「ワイルダー監督のギャラリーで。当時の僕は(映画監督として)なかなか芽が出ない状態だった。監督に『どれだけ企画を練ってもうまくいかない。どうしたら』とバカバカしい質問をしたんです」としみじみ振り返る。その返答は「楽しんでやっているのか?」だったといい、「『きみが楽しんでないものを、人は楽しまない。Just have fun』。金言でした。小難しい映画をつくろうとしていた意識がなくなり、肩の力が抜けました。そこから喜劇を志すようになり、数年後に監督デビューできた」とリスペクトを込め語っていた。

また、東南アジアの映画に携わることが多い武田。「スタントマンの胸を蹴るアクションで、本気で当てたんですけど『もっと本気で!』と言われ、さらに本気で当てたんです。(相手は)カットがかかっても悲鳴をあげ、そのまま救急車で運ばれていった。あばらを折っちゃったみたいで。でも周りは『ナイス!』と笑っている。私は当時21歳くらいだったので、怖くなって泣いてしまった」と、日本とは異なる“映画づくりの価値観”がうかがえるエピソードを告白し、場内を驚かせていた。第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。

(映画.com速報)

超高速!参勤交代[DVD]

超高速!参勤交代[DVD]

最安価格: ¥2,373

佐々木蔵之介が、江戸幕府から無理難題を突き付けられた弱小藩の藩主に扮する時代劇コメディ。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース