【国内映画ランキング】「ドラえもん」V6 上位5作品に変動なし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年4月8日 > 【国内映画ランキング】「ドラえもん」V6 上位5作品に変動なし
メニュー

【国内映画ランキング】「ドラえもん」V6 上位5作品に変動なし

2019年4月8日 19:30

興収は45億3000万円を突破「麻雀放浪記2020」

興収は45億3000万円を突破
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 4月6日~7日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新年度がスタートした最初の週末は上位5作品に変動はなく、「映画ドラえもん のび太の月面探査記」が6週連続で首位をキープ。週末2日間で動員14万6000人、興収1億7500万円をあげ、累計動員は396万人、興収は45億3000万円を突破した。6週連続首位は、2004年以降に公開された「映画ドラえもん」シリーズで初の快挙となり、今年の春休み興行も制した。

2位「ダンボ」は週末2日間で動員8万3000人、興収1億1000万円を記録。累計動員は48万8000人を超え、間もなく興収6億円に達する。3位「翔んで埼玉」は週末2日間で動員7万5000人、興収1億0400万円を記録。累計動員は245万人、興収は31億円を突破している。

キャプテン・マーベル」は4位、「バンブルビー」は5位をキープ。累計興収は「キャプテン・マーベル」が17億円、「バンブルビー」が7億円をそれぞれ超えた。前週7位の「君は月夜に光り輝く」は6位、前週8位の「映画 少年たち」は7位と順位をひとつ上げている。

なお、第91回アカデミー賞で作品賞ほか8部門にノミネートされ、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した新作「バイス」は10位、ファミリー層を中心に支持を集める人気シリーズの劇場版第14弾「映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー」は11位スタート。キャストのピエール瀧が麻薬取締法違反の容疑で逮捕(4日に保釈)され、劇場公開に注目が集まっていた「麻雀放浪記2020」は、全国約50館で公開されたが、圏外発進となった。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報