長尺版「この世界の片隅に」12月20日公開決定 片渕須直監督「実はまだ製作中」

2019年3月30日 06:00

エンドクレジットに名前が載る 「応援チーム」参加者も募集
エンドクレジットに名前が載る 「応援チーム」参加者も募集

[映画.com ニュース] 片渕須直監督の劇場アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の公開日が、12月20日に決定した。片渕監督は3月29日、真木太郎プロデューサーと共に東京・テアトル新宿での「公開日発表イベント」に出席し、製作状況や公開日を報告。第2弾特報映像も初披露された。

本作は、2016年11月に公開された「この世界の片隅に」に約30分の新規シーンを追加した長尺版。当初は18年12月公開を目指していたが延期となり、19年内の公開に向けて製作が進んでいた。「公開日発表イベント」という風変わりなイベント名に対し、片渕監督が「なんて言ったらいいのかわからないのですが、実はまだ製作中であるもので、『できました!』と皆さんに言うことができる場ではないので……。こちらとしては、気合と根性がないと、ここには立てないのですが(笑)」とぶっちゃけると、場内は温かな笑いに包まれた。

長尺版の製作は17年に発表され、18年7月に第1弾特報映像とビジュアルが披露された。片渕監督は「去年の7月の段階では、頑張ればなんとかなるかなという意気込みがあったのですが、物理的な問題がいろいろあって。ぜんぜん進んでいないという感じがあった」「少数精鋭でやっているものですから、加速がそんなにできないということもありまして」と告白。公開日がプリントされたシールをポスターに貼ると、「まだしばらく先になりますが、ご期待いただけるとうれしいなと思います」と照れくさそうに語り、客席に向かって一礼した。

公開日を12月にしたのには“ある意図”があるそうで、片渕監督は「(当初の公開日から)丸1年伸びてしまう。すぐに見れると思った皆さんには申し訳ない」と謝罪すると、「戦争、第二次世界大戦を描いた映画は、8月のものではないかと言われてしまいがちですが、この映画はそうではないものとして前に出していく。戦争というのは8月だけのものではない。ずっと続いている毎日としてとらえてほしいと思ったので、冬に公開するのがよいのかなあと。まあ、正直言うと8月は無理ですよね(笑)」と説明する。

公開は年末まで“おあずけ”となったが、「12月までの期間にもいろいろある予定です」と続け、今後の展開として「応援チームの参加者の募集」を発表。「この世界の片隅に」といえば、クラウドファンディングで支援者を募り、映画のエンドクレジットには2200人の支援者の名前が並んだが、応援チームの参加者も名前がクレジットされるという。応援チームの参加者のもとには名前が入った名刺が届き、「その名刺をお友達や仕事仲間に配ることで、映画の応援をしていただきたい。映画を届けていただくという主旨で応援チームを作りました」(真木氏)。名刺の制作費などは参加者が負担することが決まっており、金額などの詳細は5月下旬に公式Twitterなどで発表される。

(映画.com速報)

この世界の片隅に[DVD]

この世界の片隅に[DVD]

最安価格: ¥3,176

第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース