9・11の舞台裏を描いた「バイス」 堀潤、戦争を止められなかったメディアの反省を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月18日 > 9・11の舞台裏を描いた「バイス」 堀潤、戦争を止められなかったメディアの反省を語る
メニュー

9・11の舞台裏を描いた「バイス」 堀潤、戦争を止められなかったメディアの反省を語る

2019年3月18日 17:17

元NHKアナウンサーのジャーナリスト・堀潤氏「バイス」

元NHKアナウンサーのジャーナリスト・堀潤氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイ監督、主演クリスチャン・ベール、製作を手掛けたブラッド・ピットが再結集した映画「バイス」のトークイベントが3月18日、都内で行われ、元NHKアナウンサーのジャーナリスト・堀潤氏と、映画評論家の松崎健夫氏が登壇した。

アメリカのジョージ・W・ブッシュ政権で強大な権力を握り、“影の大統領”と言われた副大統領ディック・チェイニーを描く社会派エンタテインメント。大幅な肉体改造を経てチェイニーを演じ、第76回ゴールデングローブ賞(コメディ/ミュージカル)主演男優賞に輝いたベールのほか、チェイニーの妻リン役のエイミー・アダムス、ラムズフェルド国防長官役のスティーブ・カレル、ブッシュ大統領役の「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルという豪華俳優陣が出演している。

劇中のチェイニー副大統領のお面をつけて登場した堀氏は、本作の感想を「驚かされたり笑わされたり、怒りがこみ上げたり、不信感に苛まれたり……感情を揺さぶる作品」と明かす。アメリカの同時多発テロ事件が勃発した2001年はNHKの入社1年目だったそうで、「かつての日本の報道機関は(戦争の)抑止になれたのか、(実は)機能していなかったんじゃないか。僕も含めて、国際情勢が動いている中で、なぜもっと感度を上げられなかったのかという深い反省がありますね」と当時の状況を語る。


画像2

[拡大画像]

大学時代は大日本帝国や独ナチスのプロパガンダを研究していたといい、「情報というものは隠されるし、歪められるし、自由自在に扱われて皆さんの前に投げかけられる。今も昔も変わっていない」と解説。重ねて「私は『自分が見た世界ですら物語だ』と思うようにしています。必ず情報にはフィルターがかかっていて、『(話している)あなたが気付いていない何かがあるのでは?』という気持ちで聞いている」と、情報を鵜呑みにすることへの警鐘を鳴らす。さらに話題は、ISによる日本人ジャーナリストの処刑や拘束に及び、「『どうして情報をわざわざ取りに行くのか、国の発表でいいじゃないか』という自己責任論もあるが、私はチェイニーのような政治家は(そういう議論を)笑って見ていると思います。大衆が(情報に)踊らされている様子が描かれたこの映画が、今このタイミングで製作されたのは、『(見ている)あなたに言っているんですよ』と指を突き付けられている」と、力強くメッセージを残した。

バイス」は、4月5日から全国で公開。

(映画.com速報)
マネー・ショート 華麗なる大逆転[DVD] マネー・ショート 華麗なる大逆転[DVD] 最安価格: ¥1,000 クリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリング、スティーブ・カレル、ブラッド・ピットという豪華キャストが共演し、リーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人の男たちの実話を描いた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報