恋人の“無実の罪”に苦しむ娘に母がかけた言葉は?「ビール・ストリート」本編重要シーン公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月23日 > 恋人の“無実の罪”に苦しむ娘に母がかけた言葉は?「ビール・ストリート」本編重要シーン公開
メニュー

恋人の“無実の罪”に苦しむ娘に母がかけた言葉は?「ビール・ストリート」本編重要シーン公開

2019年2月23日 16:00

「ムーンライト」のバリー・ ジェンキンス監督最新作「ビール・ストリートの恋人たち」

「ムーンライト」のバリー・
ジェンキンス監督最新作
(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督最新作「ビール・ストリートの恋人たち」(公開中)から、本編映像が公開された。主人公ティッシュ(キキ・レイン)と、ティッシュを支える母シャロン(レジーナ・キング)のシーンを収めている。

幼い頃から共に育ち、強いきずなで結ばれたティッシュとファニー(ステファン・ジェームス)。幸せな日々を送っていたある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。第91回アカデミー賞では、脚色賞、キングが助演女優賞、作曲賞の3部門にノミネートしている。


画像2

[拡大画像]

公開されたのは、19歳で妊娠したティッシュにシャロンが優しい言葉をかけるシーン。新しい命に対しての希望と責任、そして無実の罪で投獄された恋人ファニーのことを思い、悪夢にうなされたティッシュ。シャロンは「たいして力になれないけど、神様はよくご存知よ。苦しみはいつか終わる時が来るわ。今のお前は独りぼっちじゃない。お腹には赤ちゃんがいるのよ」と励まし、「愛があったからお前が生まれた。愛を信じるならうろたえないで、信じるのよ」と語りかけ、母としての強さと優しさを感じさせる。

ジェンキンス監督は、キングの演技について「彼女の強さは自己犠牲の上に成り立っていると観客に気づかせることができる。シャロンは周りの人たちにとっては力強い存在だが、それゆえ自身に負荷をかけ、脆弱(ぜいじゃく)な部分を悟られずとしている」と話し、シャロンの強さと脆さを体現したキングに絶大な信頼を寄せている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報