GACKT、伊勢谷友介とのキスシーン自ら提案「どうしてもチューしたかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月22日 > GACKT、伊勢谷友介とのキスシーン自ら提案「どうしてもチューしたかった」
メニュー

GACKT、伊勢谷友介とのキスシーン自ら提案「どうしてもチューしたかった」

2019年2月22日 20:00

全国320スクリーンで封切り「翔んで埼玉」

全国320スクリーンで封切り
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 魔夜峰央氏のリバイバルヒット漫画を実写映画化した「翔んで埼玉」が2月22日、全国320スクリーンで封切られ、ダブル主演の二階堂ふみGACKT、共演する伊勢谷友介京本政樹武内英樹監督が、東京・有楽町の丸の内TOEIで行われた初日舞台挨拶に登壇した。

埼玉県が東京都からひどい迫害を受けるなか、都知事の息子で、エリート高校の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂)は、アメリカ帰りで容姿端麗な転校生・麻実麗(GACKT)と出会い、淡い恋心を抱く。しかし、麗はひそかに“埼玉解放”を目指す埼玉県民だった。県境に引き裂かれた2人の愛の逃避行は、千葉県を巻き込む関東圏3位争いに発展する。

この日は金屏風を前に、登壇者全員が紋付き袴に身を包み、映画の“出陣”をお祝い。本作で初めて、少年を演じた二階堂は「プロモーションもパンツスタイルでしたし、今日は紋付き袴が着たいなと提案させていただいた。いかがでしょう?」と挨拶し、「性別も年齢も超越した力強い世界観。男の子という部分は、あまりこだわらなかった」と振り返った。

二階堂とともに、精力的にプロモーションをこなしたGACKTは「テレビに出るのは、1年で5本までと決めていた。今回は5年分くらい出たから、しばらく(テレビ出演は)休みたい」と思わず本音。ファンからブーイングが起こると、「えーって言うな! 早く帰りたい」と照れ笑いを浮かべた。

劇中では、GACKTと伊勢谷の濃密キスシーンも話題を集めており、武内監督が「あれはGACKTさんの提案だった」と明かすと、当のGACKTは「それは言わない約束(笑)。公私混同と言われそうですが、どうしても伊勢谷さんとチューしたかった」と笑いを誘った。一方、伊勢谷は「もともとなかったシーンなので、びっくりしました」と告白。二階堂は「まさか、あそこまで本格的なキスシーンだとは……。すごい役者魂だと思った」と驚いていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報