「女王陛下のお気に入り」の“仕掛け”は撮影手法にあった!メイキング&解説映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月22日 > 「女王陛下のお気に入り」の“仕掛け”は撮影手法にあった!メイキング&解説映像公開
メニュー

「女王陛下のお気に入り」の“仕掛け”は撮影手法にあった!メイキング&解説映像公開

2019年2月22日 20:00

広角レンズで窮屈さを演出した「女王陛下のお気に入り」

広角レンズで窮屈さを演出した
(C)2018 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で作品賞をはじめ9部門10ノミネートを果たした「女王陛下のお気に入り」(公開中)の特別映像が公開された。広角レンズを用いた斬新な撮影方法について、キャストとスタッフが語っている。

本作は、「ロブスター」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」などのヨルゴス・ランティモス監督が、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描く人間ドラマ。第91回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演女優賞(オリビア・コールマン)、助演女優賞(エマ・ストーンレイチェル・ワイズ)、脚本賞、撮影賞、美術賞、編集賞、衣装デザイン賞にノミネートされた。

特別映像では、コールマンが「どのショットも切り口が斬新で美しい」、ストーンは「広い画角の中に小さな人間がいて、世界が歪んでいるような異様な雰囲気なの」とそれぞれ本作ならではの独特な映像を絶賛する。

撮影監督のロビー・ライアンは「監督のこだわりで、広角レンズで窮屈さを演出した。絵画のようで逃げ場がない感覚になり、この不条理さが物語の核になる。非常にやりがいのある撮影だった」と説明し、ランティモス監督は「超広角レンズの映像が、いびつな世界観を引き立てる。広い空間に数人しかいなければ、どんなに金持ちでも囚人のように見える」と、本作の核ともいえる映像へのこだわりを明かした。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報