浅川梨奈、腹部を共演者の頭が貫く 主演作公開初日になぜか“人体貫通イリュージョン” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月22日 > 浅川梨奈、腹部を共演者の頭が貫く 主演作公開初日になぜか“人体貫通イリュージョン”
メニュー

浅川梨奈、腹部を共演者の頭が貫く 主演作公開初日になぜか“人体貫通イリュージョン”

2019年2月22日 20:10

謎のシチュエーションに会場困惑「血まみれスケバンチェーンソーRED 後編 ギーコの覚醒」

謎のシチュエーションに会場困惑
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 三家本礼氏による人気漫画を新たなに映画化した「血まみれスケバンチェーンソーRED 前編 ネロの復讐」「血まみれスケバンチェーンソーRED 後編 ギーコの覚醒」が2月22日、東京・台場のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で公開され、主演の浅川梨奈、共演のあの(ゆるめるモ!)、佐野いずみ、メガホンをとった山口ヒロキ監督が舞台挨拶に出席した。

ふんどし&セーラー服の女子高生・鋸村ギーコがチェーンソーを武器にゾンビと戦う姿を描き、2016年には内田理央主演で映画化された人気漫画を、装いも新たに再映画化。ギーコ役の浅川は「自分がギーコを演じるプレッシャーもありましたが、内田さんとはまた違ったギーコを作れると思い、前作の映画を見ず、原作漫画を頼りに役作りしていました」と述べた。

さらに「『やれやれだぜ』というセリフがあります。もともと台本では『やれやれだな』でしたが、ギーコだったら『だぜ』と言うと思い、テストでそう演じました」と説明し、「内田さんもそのようにしていたと聞いて、同じ気持ちでできているのかなと、嬉しく思いました」とニッコリ。今作は4DXで上映されるが、山口監督は「4DXでの上映ありきで製作しています。前作よりコミカルで、悪ふざけ感がすごい。普通の4DX作品では見られない、変な効果をどんどんぶつけられる」とアピールに努めた。

また壇上には、福岡から取り寄せたという物々しい機材が登場。浅川がそのなかに入り、あのが持つチェーンソーで体を貫く“人体貫通イリュージョン”が執り行われた。

主演作の公開初日にイリュージョンを強要されるという謎のシチュエーションに、浅川も「いや、おかしいおかしい。これです、大人の悪ふざけ」とブーイング。ぶつぶつ文句を言いながらも律儀に機材のなかに収まり、「わけがわからない。ですが、私たちよりもお客さんとマスコミの方々のほうが、わけがわからないと思う」と苦笑しきりだ。

そして、あのが「貫きの、チェ~ンソ~」と、背中側からチェーンソーを挿入。すると浅川の腹部からチェーンソーが突き出し、客席からどよめきが沸き起こった。その状態のまま、カメラを構える報道陣が「こっちお願いします」と目線を要求したため、浅川は「こっちお願いします、じゃない!!」と悲鳴をあげた。

イリュージョンは続く。今度は「貫きの、あの~」といい、あのの頭が浅川の体を貫通。やられたい放題の浅川は「これの正解を教えてください」と放心状態で、あのは「今年で一番楽しかった。わけわかんねえ」と笑っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報