ホラー界の名プロデューサーが解説、「ハロウィン」ブギーマンの“真の恐怖”とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月20日 > ホラー界の名プロデューサーが解説、「ハロウィン」ブギーマンの“真の恐怖”とは?
メニュー

ホラー界の名プロデューサーが解説、「ハロウィン」ブギーマンの“真の恐怖”とは?

2019年2月20日 12:00

1978年の名作ホラー「ハロウィン」の40年後を描く「ハロウィン」

1978年の名作ホラー「ハロウィン」の40年後を描く
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ジョン・カーペンター監督による1978年の名作ホラー「ハロウィン」の40年後を描く「ハロウィン」から、プロデューサーを務めたジェイソン・ブラムのインタビュー映像が公開された。

カーペンター監督が手がけた「ハロウィン」は、ホラーキャラクター“ブギーマン”と恐怖をあおる音楽が話題となり、製作費32万5000ドルで興行収入4700万ドルを記録した。補作では、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺人事件の唯一の生き残りであるローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)が、再び街に解き放たれた“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズと対峙するさまを描く。

きょう2月20日に50歳の誕生日を迎えたブラムは、これまで「パラノーマル・アクティビティ」シリーズ、「パージ」「スプリット」「ゲット・アウト」などを手がけてきた制作会社ブラムハウス・プロダクションのプロデューサー。

インタビュー映像では、本作について「過去作に敬意を払いつつ、全く新しいものを生み出した」と魅力を熱弁する。さらに、作品を象徴するキャラクターでもあるブギーマンに恐怖を感じる理由を「生い立ちがわからないからなんだ。観客は行動に理由のある悪役に慣れているからね。理由もなく邪悪な人物が描かれたのは『ハロウィン』が初めてだ。その新しい感覚は観客にとって不快なんだ」と分析。

「彼(ブギーマン)が誕生したのは、1作目の予算が少なかったからでもある。でも、その結果象徴的な人物が生まれた。その単純さが彼の怖さをより強くしていると思う」と、ホラー映画に携わってきたブラムならではの目線で語っている。

ハロウィン」は4月12日から全国公開。R15+指定。

(映画.com速報)
スプリット[Blu-ray/ブルーレイ] スプリット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,349 「シックス・センス」「ヴィジット」のM・ナイト・シャマランが、ジェームズ・マカボイを主演に迎えてメガホンを取ったサイコスリラー。
ゲット・アウト[Blu-ray/ブルーレイ] ゲット・アウト[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,349 「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」「ヴィジット」など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作し、アメリカのお笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピールが初メガホンをとったホラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報