神谷明、「シティーハンター」“親子三代鑑賞”を熱望 「TM NETWORK」のコメントに感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月16日 > 神谷明、「シティーハンター」“親子三代鑑賞”を熱望 「TM NETWORK」のコメントに感激
メニュー

神谷明、「シティーハンター」“親子三代鑑賞”を熱望 「TM NETWORK」のコメントに感激

2019年2月16日 18:15

「シティーハンター」を支えてきた スタッフ&キャスト結集「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」

「シティーハンター」を支えてきた
スタッフ&キャスト結集
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメ「シティーハンター」の約20年ぶりの新作「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」の大ヒット御礼舞台挨拶が2月16日、東京・新宿バルト9で行われた。キャストの神谷明伊倉一恵一龍斎春水こだま兼嗣総監督、プロデューサーの諏訪道彦氏、植田益朗氏、小形尚弘氏、若林豪氏が出席した。

満場の観客が大入り袋を手に出迎えると、神谷は「皆さんのお大入り袋が眩しくて仕方ありません」とニッコリ。Twitterに届く映画の感想を楽しみにしているそうで「身近なところでは、私の友人の、岡山で鍛冶職人をしている方が娘と一緒に見に行ったとか。京都で仏像を作っている方が娘と一緒に行ったとか。そういう話を聞き、大変うれしいなと思っております。声優になった時の夢は、『親子二代で見てもらえるように長生きをしたい』でした。今三代になりつつあります。だから、もうちょっとがんばらないとね(笑)」と“親子三代”での鑑賞を熱望した。

一方の伊倉も、周囲の反響を「私は大阪で声優学校の先生もしています。生徒たちが映画を見てくれて、ちょっと尊敬の目を向けてくれるようになり鼻が高いです」と茶目っ気たっぷりに語り、一龍斎は“シティーハンター愛”が衰えぬ観客に「良いお客さま、大好き。好きよ。冴子でした」と担当キャラの声で感謝を述べた。

約20年ぶりに復活を遂げた今作は、オリジナルキャストが再結集し、現代の新宿が舞台の物語を描いた。スタッフ陣もテレビシリーズから参加しており、「反響を聞き、ほっとしています」(こだま総監督)、「『シティーハンター』のパワーを感じます」(諏訪氏)、「たくさん応援いただいているので、一緒になって楽しんでいます」(植田氏)と喜びを口にする。また小形氏は、「皆さんが支えてくれたからこそ大ヒットしたわけで。だから、皆さんに一番おめでとうと言いたい」と観客に語りかけた。

20年ぶりの新作とあって、アフレコでは神谷が強いこだわりを見せる一幕もあったという。神谷が「アフレコ収録が終わり、音声だけが入ったDVDを見せていただいたのですが、なんとなく冒頭部分の冴羽リョウの声が(過去作と)少し違うかなと感じまして。音響監督に、『冒頭部分は昔のリョウちゃんにもっと寄せたい。冒頭だから皆さんに違和感を感じられないようにしたい』とお願いして、録り直させていただきました」と告白すると、若林氏も「これはアニメ制作では極めて異例です」と補足した。

今作は、テレビシリーズのエンディングを彩った名曲「Get Wild」が再びエンディングテーマに起用されたことも話題を呼んでいる。この日は、同曲を手がけた「TM NETWORK」の宇都宮隆から「2019年の今なお愛される『シティーハンター』。今回の作品にも携われたこと、大変光栄に思うと同時に心より感謝いたします」というコメントが届き、神谷は「うれしいですね!」と大感激。さらに植田氏は「小室(哲哉)さんも試写を見ていただいて、すごい喜んでお帰りになった」「ちゃんと見ていただいています」と明かした。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報