仏実写「シティーハンター」を原作・北条司はどう思う?伝説の“ジャッキー・チェン版”も語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月14日 > 仏実写「シティーハンター」を原作・北条司はどう思う?伝説の“ジャッキー・チェン版”も語る
メニュー

仏実写「シティーハンター」を原作・北条司はどう思う?伝説の“ジャッキー・チェン版”も語る

2019年2月14日 12:00

仏版シティハンター「ニッキー・ラルソン」ビジュアル「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」

仏版シティハンター「ニッキー・ラルソン」ビジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース]北条司氏による人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写化した「ニッキー・ラルソン」が、同国で反響を呼んでいる。ポスタービジュアルが披露された際には、日本でも「再現度がマジ」「海坊主がそのまんますぎる」など話題となった今作。果たして北条氏自身は、どう感じているのだろうか。都内のオフィスで、話を聞いた。

1985~91年に週刊少年ジャンプで連載され、スケベだが超凄腕のスイーパー・冴羽リョウと、男勝りの相棒・槇村香の活躍を描いた「シティーハンター」。フランス実写版「ニッキー・ラルソン」は、少年時代にアニメシリーズに熱中したというフィリップ・ラショー(「世界の果てまでヒャッハー!」など)が監督・主演を務め、魂を込めて製作に当たった。現地時間2月6日に公開され、5日間で観客動員51万人超のヒットを記録中。日本では2019年に封切り予定だ。

また2月8日には、アニメシリーズの約20年ぶり新作「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」が日本公開。ホアン・シャオミンが主演する中国実写版も19年公開予定で、ここにきて、にわかに「シティーハンター」熱が高まっている。

――フランスで実写化される経緯は、どんなものでしたか。

「フランスのラショー監督が実写化をしたがっていると、会社(ノース・スターズ・ピクチャーズ)を通じて連絡が来たことが始まりです。そういったオファーは、日本やアメリカなど、いろんな国からたくさん来るんですが、毎回『プロットを出してほしい』と伝えています」

「今回は企画書と一緒に、ラショー監督からの手紙が入っていたんです。熱烈な思いがこもった内容でした。そういうことは珍しくて。映画化は、強烈に『自分がやりたい!』という人に任せるのが一番だという思いが、僕のなかのどこかにあります。原作とはかけ離れてしまうことも、珍しくないじゃないですか。でもそういうことが、ある程度おさえられるかなと思うからです」

「プロットが届き読んでみたら、意外な盲点がたくさんありました。『こういう手法で、冴羽リョウの危機を作るのか!』と。アクション的な危機ではなく、『シティーハンター』の世界観で、主人公が危機に見舞われて、しかもそれがちゃんとギャグになっている。これは思いつかなかった、やられたと(実写化の)OKを出しました」

――世界的に最も「シティーハンター」が人気と言ってもいいフランスでの実写化について、どう感じましたか。

「正直、やっときたか、という感じでした(笑)。何でフランスからはオファーが来ないんだろう、と思っていたくらいなんです。しかも『世界の果てまでヒャッハー!』の監督という。バカバカしいけど、脚本はよく練られていて面白かったし、きっととても頭がいい人なんだろうと注目していた監督でした」

――本編をご覧になって、どう感じましたか。

「肩肘張らずに笑えるし、楽しいし、ハラハラする。僕ははっきり言って、ハリウッド超大作には眠くなっちゃうんですよ。あまりにも派手で危機一髪でハラハラし過ぎるし、『普通、これで死ぬだろ。ありえない』『やっぱりフィクションだ』と冷めちゃうことが多い(笑)。『ニッキー・ラルソン』はそうでなく、逆に、妙にリアルな感じがした。ある意味あり得ないことは起こりますが、ちゃんとギャグになっている。また、ギャグの要素が非常に多かった。それもフランス的で、『ここまで見せるの!?』というような……。そのあたりは、日本の女性がどう受け取るか、わからないですけど(笑)。お色気ではないんですが、向こうはPGの概念がないので、モザイクとかもない。日本だとモザイクが入るんでしょうかね」

――ファーストルックが披露されたとき、日本でも非常に話題になりました。キャラの作りこみについては、どうでしたか。

「海坊主はそのまんまでしたね(笑)。実際にいたらこうなんだろうと思った。演じてくれた方は、普段は格闘家だそうで、セリフがあまりないことが、かえって海坊主ぽかったのかもしれません。そして香についてなんですが……。僕の映画の好みでは、ヒロインは最初、あまり魅力的に見えないけれど、話が進んでいくうちにどんどん輝いていくのが良い映画だと思っています。まさにこの映画では、行動であったり表情であったり、ヒロインがどんどん可愛くなっていくんです」

――北条先生が製作段階でリクエストしていたことはありますか。


インタビューに応じた北条司氏「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」

インタビューに応じた北条司氏
[拡大画像]

「特にないですね。ただ、最後のシーンについては『ちょっとリョウとは違うな』というところがあったので、そこだけ指摘して変えてもらいました。監督も『そうですよね』と、すんなり変えてもらいました。またシナリオの段階で、女性が見ても嫌悪感を抱かないような表現にしてほしい、と言った部分もあります」

――漫画の実写化について、北条先生はどのように考えていますか。

「漫画の表現方法を、無理やり実写に持っていこうとする作品が多いと感じています。漫画ではこうだけど、実写ではこう表現するべきだよね、とちゃんと練ってもらわないと、本当に絵空事にしかならない。そこをわかってくれている製作者は、そうそういないように思います。そして色んな人の思惑が関わりすぎて、『原作の良いところ』『ファンが見たいもの』が置いてけぼりになりやすい。だから、『どうしても自分がやりたい』という人が中心にドンといないと、厳しいかもしれないですね」

――漫画は漫画としての表現があり、ストレートに実写化すると、どうしても変に見えてしまうという。

「『シティーハンター』を映画化する際に必ず言われるのは、『100tハンマーは絶対に出します』。そう言われると、『いや、それはいいです』となってしまう(笑)。出したってしょうがないでしょう。漫画やアニメでは重要なアイテムですが、現実世界で100tハンマーを振り回すやつがどこにいるんですか(笑)。やるなら幻想や夢の世界として描いてくれないと。『結局はフィクションだな』と思われるのは嫌ですから」

――1993年公開のジャッキー・チェン主演版「シティーハンター」については、いかがでしたか。

「ゴールデンハーベストから『ジャッキー・チェンでやりたい』とオファーがありました。それまで実写化は全部断ってきたんですが、当時は連載が終わるころでしたし、『最後のサービスだ』と思った。またジャッキーならば、『シティーハンター』にはならなくても、ジャッキー映画として面白くはなるだろうと思ってOKを出しました。仕上がりは、しっかりジャッキー映画でしたね(笑)」

――ジャッキーが「ストリートファイターII」のチュンリーのコスプレをし、戦うという無茶苦茶なシーンがありましたね(笑)

「あれはびっくりした。もうやりたい放題だなと思った(笑)。でも当時の中国では、漫画とゲームとアニメの感覚はこうなんだと、違う意味で面白かったですね。『シティーハンター』とは思わなかったですけど、仕上がりも単純に面白かった。試写室でアシスタントと一緒に見て、腹を抱えて笑ったのをよく覚えています。あのときも、プロットは一応確認しましたが(製作サイドに)『変更されますよ』と言われた。中国では脚本を確認のため見せると、どこか別の会社が盗んで製作してしまうことが、よくあったそうです。なので、ちゃんと完成させた脚本を書かないことは、当たり前だったそうです」

――最後に、時を越え、国境を越えて愛される作品をつくるために、北条先生が胸に留めていることはなんですか。

「僕らの時代は、漫画は読み捨ての文化だという感覚でした。時代の流行や、時代に即した、その時代だけで読まれるものだと。僕らも、編集部もそう思っていて、『長く読み続けられるものを描こう』という感覚は皆無でした。だから、なぜいまだに読んでくれているんだろう、どこに魅力があるんだろうと、こっちが聞きたいくらいです(笑)」

「短編でいいから描いてもらいたい、とよく言われますが、もう描けないんですよ。あれは、あの時代の熱量、若さが生んだもの。読み返してみると『60歳になったオヤジが描けるものではない』と思う。それはきっと、あの瞬間にしかなかったものが込められているからなのでしょう」

(映画.com速報)
世界の果てまでヒャッハー![DVD] 世界の果てまでヒャッハー![DVD] 最安価格: ¥2,268 ブラジルの高級リゾート地を舞台に、お騒がせな男たちが繰り広げるサバイバルを描き、フランスで大ヒットを記録したアドベンチャーコメディ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 天気の子の評論 天気の子 “あえて間違える”という姿勢。フィクションでしか描けない、逆説的な正しさ
  • よこがおの評論 よこがお 大胆な構成、巧妙な演出で、ある女性の流転と変容を描く人間探求ミステリー
  • 隣の影の評論 隣の影 隣人トラブルがスプラッタ・ホラーに発展。原因はアイスランドの特殊な事情!?
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報