柳楽優弥、是枝監督の弟子のデビュー作主演に決意新た「僕にとっても夜明けに」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月19日 > 柳楽優弥、是枝監督の弟子のデビュー作主演に決意新た「僕にとっても夜明けに」
メニュー

柳楽優弥、是枝監督の弟子のデビュー作主演に決意新た「僕にとっても夜明けに」

2019年1月19日 15:00

舞台挨拶に立った柳楽優弥、小林薫、 広瀬奈々子監督ら「夜明け」

舞台挨拶に立った柳楽優弥、小林薫、
広瀬奈々子監督ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 是枝裕和西川美和両監督に師事した広瀬奈々子監督のデビュー作「夜明け」の公開記念舞台挨拶が1月19日、東京・新宿ピカデリーで行われた。

広瀬監督は、「自分が悩んでいた時期に書いた脚本。映画の親としては寂しい気持ちもあるが、映画にとっての公開は本当の夜明け。この日を迎えられてうれしく、たくさんの人に支えられ感謝しかありません」と感激の面持ち。「若い人にとっては共感とヒリヒリするものがあると思うし、親世代にもその世代なりの共感があると思う」と自信のほどをうかがわせた。

主演の柳楽優弥は、2004年に是枝監督の「誰も知らない」でデビューし、カンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を最年少で受賞。「平成に是枝監督の作品でデビューして、平成の終わりにそのお弟子さんの広瀬監督のデビュー作に主演できるのは大変光栄なこと」と神妙な面持ちで話した。

ある秘密を抱えた青年役で、「現場で自分をさらけ出すというか、監督を信頼してその場で生まれたものを大事にしていた」と説明。相手役の小林薫に対し、「薫さんが現場いるとクオリティ、偏差値が上がるので、しっかりついていかなければという思いと、おこがましいけれど負けたくないという気持ちだった」と感謝した。

小林は、「柳楽くんと一緒。演者が頭の中で固まりすぎると、監督のイメージと違った時にほぐすのが大変。緩やかな化学反応ができるようにした」と謙そん。広瀬監督は、「言葉に頼らずに作ろうという挑戦だったので、皆さんの繊細なお芝居に支えられました」と最敬礼だ。

タイトルに絡め、2019年の夜明けとして挑戦したことを聞かれると、柳楽は「平成の終わりに、この作品に参加できたことを、僕にとっても夜明けにしなければいけない。次の年号でも上を目指して頑張りたい」と宣言。小林は「挑戦しようと思ったことがない。強いて言えば子どもが犬を飼いたいと言って飼ったけれど、言った本人は散歩をしない。僕がワンちゃんを連れているので1年は全うしたい」と明かし、会場を温かな笑いで包んだ。

(映画.com速報)
「誰も知らない」ができるまで[DVD] 「誰も知らない」ができるまで[DVD] 最安価格: ¥1,750 12歳の長男役を演じた柳楽優弥が第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報