豪華若手俳優陣の“今しか見られない名演技” 40分の長回し敢行「十二人の死にたい子どもたち」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月17日 > 豪華若手俳優陣の“今しか見られない名演技” 40分の長回し敢行「十二人の死にたい子どもたち」
メニュー

豪華若手俳優陣の“今しか見られない名演技” 40分の長回し敢行「十二人の死にたい子どもたち」

2019年1月17日 17:00

新田真剣佑らが“限界”に挑む「十二人の死にたい子どもたち」

新田真剣佑らが“限界”に挑む
(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」
製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ベストセラー作家・冲方丁氏の小説を豪華若手キャストで映画化する「十二人の死にたい子どもたち」の撮影現場が、このほど報道陣に公開された。廃病院の一室に安楽死を求める12人の未成年が集い、恐怖と疑心暗鬼に駆られながら己の“存在”をさらけだしていく本作。5台のカメラで約40分間ノンストップの長回しを行うなど、ライブ感を全面に押し出す手法を採用。若手キャストたちの情熱、芝居のぶつかり合いなどをビビッドにとらえ、“この瞬間にしか見られない名演技”があふれる数々のシーンが完成した。

杉咲花新田真剣佑橋本環奈北村匠海高杉真宙黒島結菜吉川愛萩原利久渕野右登坂東龍汰古川琴音竹内愛紗が顔をそろえ、「トリック」シリーズの堤幸彦監督がメガホンをとり映画化。集団安楽死を成し遂げるべく、廃病院に12人の“死にたい未成年”が集った。彼らの目の前に現れたのは、「死に方、タイミングが12人全員一致すること」というルールの違反を示す、13人目の生温かい死体(とまん)だった。やがて12人の抱える闇が判明するとともに、同時進行で犯人探しが行われていく。

本作のコンセプトは「若い俳優の演技力が試せる作品を創出する」。密室での心理戦が中軸となるだけに、俳優たちには個々のキャラを深掘りし芝居に反映させる“役づくりの力”に加え、集団演技において相乗効果を生むようなコンビネーションと爆発力が要求される。その条件を満たすキャストとして、若手トップクラスである杉咲、新田、北村、高杉、黒島、橋本にオファーを出すと、6人全員が企画意図に賛同。さらに吉川、萩原、渕野、坂東、古川、竹内ら可能性あふれる面々がオーディションで抜てきされ、次世代を担う豪華な陣容が整った。

撮影は、群馬県藤岡市の廃病院で実施。そこでキャスト陣は、5台のカメラに囲まれ芝居を繰り広げていた。5カメはテレビドラマのマルチ撮影や、舞台、コンサートの収録などでは一般的だが、映画の現場ではめったに見ない光景。堤監督はこの手法を度々採用し、“祭り”と称し好んでいる。

また、劇作家でもある倉持裕が執筆した脚本は、サスペンスフルな会話劇がふんだんに盛り込まれている。ワンシーンが6~7ページに及ぶこともざらで、クライマックスにいたっては12ページと途方もなく長い。ほとんどの場面が長回しで撮影され、あるシーンでは約40分間ノンストップでカメラが回り続けた。堤監督は都度都度、入念なリハーサルを行い、キャスト陣は細やかな心情をその身に憑依させていった。

そうして撮り上げられた本作のいたるところに、若者たちが自分の可能性と向き合い、限界から大きく飛躍していった形跡が見て取れる。「活きのいい12人の役者の勢い、ポテンシャルの高さ、ストレートに言うと“若さ”。それゆえの危うさ、怖さなどがびっくりするくらい、いい形で撮影が出来た。彼らの化学反応が想像以上に人間ドラマになり、こんなに密度の高い演技を撮ったのは初めてだった」。会心の手応えを隠そうともせず、堤監督は笑った。

十二人の死にたい子どもたち」は、1月25日から公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報