「ゴーストバスターズ」新作はオリジナル版の後継作か J・ライトマンが監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月16日 > 「ゴーストバスターズ」新作はオリジナル版の後継作か J・ライトマンが監督
メニュー

「ゴーストバスターズ」新作はオリジナル版の後継作か J・ライトマンが監督

2019年1月16日 12:36

オリジナルキャストも戻ってくるかも?「フロントランナー」

オリジナルキャストも戻ってくるかも?
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズの人気SFコメディ「ゴーストバスターズ」シリーズの最新作で、ジェイソン・ライトマン監督(「JUNO ジュノ」「マイレージ、マイライフ」)がメガホンをとることがわかった。

ライトマン監督は、オリジナルの「ゴーストバスターズ(1984)」と続編「ゴーストバスターズ2」(89)でメガホンをとったアイバン・ライトマン監督の息子。「モンスター・ハウス」やリメイク版「ポルターガイスト」の監督ギル・キーナンとともに、脚本も共同執筆する。

米バラエティによれば、シリーズ最新作は「ゴーストバスターズ2」の続編となり、2016年の女性版「ゴーストバスターズ」(ポール・フェイグ監督)との関連はないという。あらすじなどの詳細は明かされておらず、オリジナルキャストの復帰も不明だが、ライトマン監督はすでにキャラクター4人のオーディションを10代の俳優で進めているという。

ちなみに、昨年11月に米Bloody Disgustingが、“元祖ゴーストバスターズ”のダン・エイクロイドのコメントを紹介。そこでエイクロイドは、「残っているゴーストバスターズの3人が再会する可能性はある。ビリー(ビル・マーレイ)も来ると思うね。ストーリーがいいんだよ。彼は幽霊役を演じなきゃいけないとしてもね」と語っていた。

シリーズ最新作は、父アイバンのモンテシト・ピクチャーズが製作。2020年夏の公開を目指し、今夏に撮影を開始する予定だという。父からメガホンを受け継いだライトマン監督が、どのような幽霊退治チームを結成するのか続報が待たれる。

なお、ライトマン監督の最新作「フロントランナー」は2月1日に全国公開。

(映画.com速報)
JUNO/ジュノ[Blu-ray/ブルーレイ] JUNO/ジュノ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 第80回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞にノミネート、脚本賞を受賞したコメディタッチの人間ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報