BEGIN、安田顕らと映画主題歌レコーディング!松下奈緒にデレデレだったのは…… : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月20日 > BEGIN、安田顕らと映画主題歌レコーディング!松下奈緒にデレデレだったのは……
メニュー

BEGIN、安田顕らと映画主題歌レコーディング!松下奈緒にデレデレだったのは……

2018年12月20日 09:00

主題歌「君の歌はワルツ」を披露した「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」

主題歌「君の歌はワルツ」を披露した
(C)宮川サトシ/新潮社(C)2019「母を
亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」
製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 宮川サトシ氏の人気エッセイ漫画を映画化した「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」のトーク&アコースティックライブイベントが12月18日に都内で行われ、3人組バンド「BEGIN」が出席。映画に出演する安田顕松下奈緒と共に臨んだという本作の主題歌「君の歌はワルツ」のレコーディング裏話を披露した。

宮川氏の実体験に基づき、がんになった母との最期の日々から葬儀、そしてその後の人生が描かれる。「日日是好日」の大森立嗣監督がメガホンをとり、安田と倍賞美津子が親子を演じた。

主題歌のレコーディングは、主演の安田をはじめ、松下、大森監督も参加。大人数での録音となったが、BEGINの比嘉栄昇は「全員の気持ちが一つになったんだよね」と、一発でOKが出たことを明かす。松下とピアノでの共演を果たした上地等は、メンバーから「(上地が)デレデレだったよ~」と暴露され、「見つめ合いながら作業したつもりだったけど、今思い返すと本当は僕がチラッとみただけかも(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

続けて比嘉は、好きな楽器を選ぶよう指示を受けた安田が、トライアングルを選択したというエピソードを披露。「トライアングルってめちゃくちゃ難しい楽器なんですよ。マイク乗りが一番いいから音が全部拾われてしまう。だからミスができないんですよね。それなのに安田さんがトライアングルを選んだ時『この人さすが、もってる』と思いましたね(笑)」と感嘆した様子だった。

イベントにはサプライズで原作者の宮川氏も登壇。BEGINは主題歌のほか、宮川氏の母がよく歌っていたという「涙そうそう」を披露すると、優しい歌声に宮川氏は涙していた。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」は、19年2月22日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報