アイドル候補生が本性むき出し… 「世界でいちばん悲しいオーディション」衝撃の予告入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月6日 > アイドル候補生が本性むき出し… 「世界でいちばん悲しいオーディション」衝撃の予告入手
メニュー

アイドル候補生が本性むき出し… 「世界でいちばん悲しいオーディション」衝撃の予告入手

2018年12月6日 09:00

九州の離島で行われた7日間の アイドルオーディション合宿「世界でいちばん悲しいオーディション」

九州の離島で行われた7日間の
アイドルオーディション合宿
(C)WACK INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ユニットを多数輩出する音楽事務所WACKのアイドルオーディション合宿の様子をおさめたドキュメンタリー「世界でいちばん悲しいオーディション」の予告編(https://youtu.be/QMvxmAY7r5U)を、映画.comが先行入手した。24人のアイドル候補生たちが夢に向かって突き進み、情熱をたぎらせる姿がおさめられている。

アイドルグループ「BiSH」「BiS」「GANG PARADE」「EMPiRE」などの所属事務所WACKが九州の離島・壱岐島で主催した、7日間にわたる過酷なオーディション合宿に密着。アイドルを目指す少女たちは、歌とダンスだけではなく、マラソン、スクワット対決、人生ゲームなど、夢にかける思いや運までもが試される過酷な試練に挑む。候補生は毎夜行われる脱落者発表、そして理不尽とも思えるジャッジに感情を揺さぶられ、それでもなお、ひたむきに夢を追いかける。

さらに、合宿2日目からは現役メンバーも壮絶な戦いに参加。モモコグミカンパニー(BiSH)、パン・ルナリーフィ(BiS1st)、ペリ・ウブ(BiS2nd)、キャン・GP・マイカ(GANG PARADE)が顔をそろえている。


画像2

[拡大画像]

予告編は、「私はアイドルになりたいです」という切実な宣言で幕を開ける。マラソン中に道に倒れこみ、涙を流し、叫び、厳しく叱責され、少しずつ本性がむき出しになっていく少女たちの様子を活写。自分自身を覚醒させ、憧れのアイドルへの階段を上っていく過程を生々しくとらえている。

監督を務めた岩淵弘樹は、「24人のオーディション候補生たちが主役のドキュメンタリー映画です。1人1人の感情の沸点を基点に構成し、地を這ってでも夢に向かう人間のひたむきさを描きました」と語る。「夢が壊れた時に人はどうなるのか? また立ち上がるのか? 逃げ去るのか? そして、感情のブレーキが壊れ、覚醒した集団はどこに向かうのか?」と問いかけ、「少女たちが限界を越えながら全力で駆け抜けた1週間を、ぜひ劇場で目撃してください」とメッセージを残した。

世界でいちばん悲しいオーディション」は、2019年1月11日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

モッシュピット[DVD] モッシュピット[DVD]最安値: ¥2,398
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi