巨匠ゴダールがいざなう刺激的なアート体験 最新作「イメージの本」19年GW公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月3日 > 巨匠ゴダールがいざなう刺激的なアート体験 最新作「イメージの本」19年GW公開
メニュー

巨匠ゴダールがいざなう刺激的なアート体験 最新作「イメージの本」19年GW公開

2018年12月3日 17:00

カンヌ国際映画祭の スペシャル・パルムドール受賞作「イメージの本」

カンヌ国際映画祭の
スペシャル・パルムドール受賞作
(C)Casa Azul Films - Ecran Noir
Productions - 2018
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仏ヌーベルバーグの巨匠ジャン=リュック・ゴダールの最新作「THE IMAGE BOOK(英題)」が、「イメージの本」の邦題で2019年のゴールデンウィークに公開されることがわかった。ゴダール監督の枯渇することのない豊富なイメージや音が組み合わされた本作は、第71回カンヌ国際映画祭で特設されたスペシャル・パルムドールを受賞している。

勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」など数々の傑作で知られるゴダール監督。前作「さらば、愛の言葉よ」では3D映画に挑むなど、12月3日に88歳の誕生日を迎えてもなお、エネルギッシュな姿勢で創作活動に取り組んでいる。

本作では新たに撮影した映像に、様々な絵画、映画、テキスト、音楽などを巧みにコラージュし、現代の暴力、戦争、不和の世界に対する怒りをこめた5章からなる物語を紡ぐ。ゴダール監督の「私たちに未来を語るのは“アーカイブ”である」という言葉の通り、時代を行き来し、観客の想像力を縦横無尽に刺激する84分間のアート体験を作り上げた。

あわせてお披露目された日本版ポスターには、ビビッドな色彩がちりばめられ、ゴダール映画の代名詞である画面に現れるテキストの形で「LE LIVRE DU IMAGE(イメージの本)」と、作品タイトルが刻みこまれている。中央に配置された、世界の未来を指し示すかのような何者かの手が強いインパクトを残すビジュアルが完成した。

イメージの本」は、19年のゴールデンウィークに東京・シネスイッチ銀座ほか全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報