米ディズニーランド内に「マーベルスーパーヒーローランド」建設中 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月2日 > 米ディズニーランド内に「マーベルスーパーヒーローランド」建設中
メニュー

米ディズニーランド内に「マーベルスーパーヒーローランド」建設中

2018年12月2日 09:00

2020年に第1弾がお披露目予定「ドクター・ストレンジ」

2020年に第1弾がお披露目予定
Photo by Paul Hiffmeyer/Disneyland
Resort via Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米アナハイムのディズニーランドに建設中の「マーベル・ランド(通称)」のアトラクションが明らかになったと、Walt Disney World News Todayが報じている。

ディズニーランドに隣接するテーマパーク、カリフォルニア・アドベンチャーでは現在、マーベルのスーパーヒーローを題材にした新エリア「マーベル・ランド」が建設中だ。「バグズ・ライフ」を題材にしたバグズランドがあった場所には、「スパイダーマン」を題材にスクリーンへ向かってクモの糸を飛ばすアトラクションが出来る見込みだという。その近くでは「ドクター・ストレンジ」のショーが行われ、「アントマン」の世界観を取り入れたミニチュアサイズの食事を提供するレストランも企画される模様だ。

カリフォルニア・アドベンチャーでは、「タワー・オブ・テラー」をリニューアルして2017年にオープンした「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト」が既に存在しているが、今後ますますマーベル色が強くなりそうだ。「マーベル・ランド」は、2020年に第1弾、さらにその1~2年後に第2弾がお披露目される予定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報