米ソニー「スパイダーマン」関連作品を2020年に2本公開

2018年11月26日 11:00

2020年に2本公開
2020年に2本公開

[映画.com ニュース] 米ソニーピクチャーズが、2020年に「スパイダーマン」の関連作品を2本劇場公開すると発表した。

スパイダーマン」の映像化権を保有している同社は、今年トム・ハーディー主演で「スパイダーマン」のヴィランを主人公にしたスピンオフ「ヴェノム」を公開。さらに12月には、「レゴ(R) ムービー」のフィル・ロードクリス・ミラーによる新作アニメ「スパイダーマン:スパイダーバース」の全米公開を控えている。

ソニーはこのほど、2020年7月10日と10月2日にタイトル未定の「スパイダーマン」関連作品を公開すると発表。米バラエティによれば、7月に公開されるのは、ジャレッド・レト主演の「モービウス(仮題)」の公算が高いという。モービウスは、自らの血液に関する病を治療しようとした科学者が吸血鬼のようになってしまうという設定で、ダニエル・エスピノーサ監督がメガホンをとる。10月公開作は、世界累計興行収入5億7000万ドルの大ヒットを記録している「ヴェノム」の続編になる可能性が高いという。

ちなみに、トム・ホランド主演で作られた「スパイダーマン:ホームカミング」と、続編「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(原題)」は、マーベル・スタジオ主導で製作されている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース