岡田将生、“父”時任三郎の「怖かった」に驚がく「久々に絶句した」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月23日 > 岡田将生、“父”時任三郎の「怖かった」に驚がく「久々に絶句した」
メニュー

岡田将生、“父”時任三郎の「怖かった」に驚がく「久々に絶句した」

2018年11月23日 18:15

親子を演じた岡田将生と時任三郎「家族のはなし」

親子を演じた岡田将生と時任三郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の岡田将生が11月23日、主演映画「家族のはなし」の初日舞台挨拶を共演の成海璃子時任三郎財前直見らと東京・イオンシネマ板橋で行った。

お笑いタレント・鉄拳の同名パラパラ漫画を実写化。岡田は東京で夢破れ、りんご農園を営む実家に帰ってくる設定で「皆さんの心に残る映画になってほしいと思いながら撮影しました。見終わって家族に電話をしたくなったり、話す時間をつくってくれたらうれしい」と笑顔で話した。

時任と財前が演じた両親に八つ当たりする場面もあるが、「包んでくれるように迎えてくださったので、その優しさに負けてしまうこともあった」と感謝。だが、岡田の印象を聞かれた時任が「怖かった」と明かすと、目を見開いて驚がくの表情を浮かべた。

時任が「いや、迫真の演技だったからね」と続けると、「あっ、芝居のことですね。良かったあ。久々に絶句しました」と天然ぶりを発揮。財前が「存在自体がピュアで格好いい。できすぎた息子でありがたかった」と褒めると、さらにほおを緩めた。

そして、「小さなサプライズですが、勤労感謝の日なので」と2人に花束をプレゼント。財前は「昨日はいい夫婦の日だったし、それも含めてプレゼントをもらうのは本当にうれしい」と感激の面持ちだ。

映画のアートディレクターも務めた鉄拳は、「パラパラ漫画より全然面白い。映画の方がいいですよ」と大絶賛。「一番うれしかったのは、親父に映画のポスターを見せたらすごく喜んでくれて、近所に配っていた。親孝行ができました」と喜んでいた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報