岡田将生、父からの初めての“鉄拳制裁”明かす「泣きながら謝りました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月14日 > 岡田将生、父からの初めての“鉄拳制裁”明かす「泣きながら謝りました」
メニュー

岡田将生、父からの初めての“鉄拳制裁”明かす「泣きながら謝りました」

2018年10月14日 18:00

舞台挨拶に立った岡田将生、鉄拳ら「家族のはなし」

舞台挨拶に立った岡田将生、鉄拳ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑い芸人・鉄拳によるパラパラ漫画を実写映画化した「家族のはなし」が10月14日、京都国際映画祭2018で上映され、主演の岡田将生、メガホンをとった山本剛義監督、アートディレクターも務めた鉄拳がイオンシネマ京都桂川での舞台挨拶に出席した。

原作は鉄拳が2013年に発表し、ネット上を中心に「涙が止まらない」と話題を呼んだ同名パラパラ漫画。成海璃子佐藤寛太財前直見時任三郎らが共演し、リンゴ農園を営む両親とその息子の姿を描いた。

主人公・小林拓也に扮しギター演奏にも挑戦した岡田は、原作に対し「心がすごく温まって、うるうるしてしまった」といい、「(今作を)親に見てもらいたいと思った」と願いを込める。山本監督は「誰かに泣いてほしいというよりは、見終わったあとに家族に電話してくれれば、大成功の映画だと思います」と明かした。

撮影は1週間で行われており、岡田は父親役・時任との共演を振り返り「父親の愛が見える最後の瞬間は、どうしても忘れられない1日として、自分のなかで残っています。時任さんの笑顔を見るだけで、うるっとくる」としみじみ。俳優として活動を始めた当初は、実の両親に「不安定な仕事には就いてほしくない、と反対された」そうだが、「いまは背中を押して、応援してくれています」とほほ笑んだ。鉄拳も「両親には、お笑いは反対されると思い、最初は内緒にしていました。けど、実は知っていて、影で応援してくれていた」と感慨深げに話していた。

また「家族とケンカしたことは?」と問われた岡田。「姉と妹がいるんですけど、しょっちゅうケンカしていました」と切り出し、「あるとき我慢できなくて、姉だったかな、手をあげちゃったんです。すると初めて父に殴られまして、『女性にだけは手を出すな』と言われた。『わかりました』と、泣きながら謝りました」と苦笑交じりに告白した。ケンカの原因は「食器洗う、洗わない」などの些細なことで、「(家族とは)仲良くしています」と語っていた。

家族のはなし」は、11月23日から劇場公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi