中島貞夫監督、20年ぶり長編の世界初上映に「涙がこぼれる」 高良健吾&木村了も祝福

2018年10月14日 18:37

感無量のワールドプレミア
感無量のワールドプレミア

[映画.com ニュース] 「木枯し紋次郎」「新・極道の妻たち」で知られる84歳の巨匠・中島貞夫監督の約20年ぶりとなる長編劇映画「多十郎殉愛記」が10月14日、京都国際映画祭2018でワールドプレミア上映され、中島監督をはじめ主演の高良健吾、共演の木村了がよしもと祇園花月での舞台挨拶に立った。

幕末の京都を舞台に、親の借金から逃れるように長州を脱藩した浪人・清川多十郎(高良)、店の用心棒である多十郎に好意を寄せる居酒屋で働くおとよ(多部未華子)、多十郎を頼って上洛してきた腹違いの弟・数馬(木村)による物語を、迫力の殺陣を交えて描く。観客からの大きな拍手で迎えられた中島監督は、「皆さんの拍手を聞いているだけで涙がこぼれます」と感無量の面持ちを浮かべ、「京都から、もっともっと面白いちゃんばら映画が作れるはず。それが我々の務めで、老いた身に鞭打ちながらやってきた成果です」と晴れやかに語った。

高良も「大きな拍手を頂いて、感極まりそう。とても嬉しいです」といい、「監督の思い、キャストの思いが詰まったこの作品を、京都で最初にお披露目できた」と喜びを爆発させる。製作においては“若い世代に時代劇を伝える”というテーマもあっただけに、高良は「中島監督が残そうとしている、伝えようとしているもの。あの1カ月は本当に幸せでした。幸せな時間でしかなかった。幸せでしょうがなかった」と明かし、「“多十郎ロス”もありましたし、『京都のあそこらへんは住みやすいかな』と家賃を調べたり、不動産の前で止まってしまったり」と移住しかけたことを告白した。

木村も「『命がけで数馬という役を体現しなければ』と、毎日緊張しながら撮影に挑んでいました」と真剣勝負だった日々に思いを馳せ、「より現場愛を持ち、作品を良くしていこうと思った」と固く決意。高良は現場で学んだこととして「殺陣は“思いやり”なんです。相手をケガさせちゃいけない、など相手との関係性でできていく。そう知れたのは大きかった」と語り、「刀をなぜ抜いたのか、なぜ斬るのか、なぜそこで戦うのか。ただ人を斬るのではなく、武士としての“思い”があることが学べた。(今作はアクションの)派手さではなく、刀や人への思い、裏側の精神性を描いている」と得たものの大きさをにじませた。

また高良は、観客や映画ファンに「時代劇って面白い。中島監督が何かを届けるために、時代劇を選んだ意味が必ずあって。自分たちの世代を現場に呼んでくれるのは、『時代劇は面白い』『刀を振るうことに意味がある』と伝わったら良いな、ということ。個人的には、月9で時代劇をやっても面白いと思う」とメッセージを託し、木村も「もう一度、時代劇を若い人たちに見てもらえれば。僕たちが受け継いで、次に託していきたい」と同調する。その功績を称え“京都映画大賞”を授与された中島監督は、「泣ける言葉を言ってくれるね」と、願いが通じたように破顔していた。

多十郎殉愛記」は、2019年春に公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
木枯し紋次郎(5)[DVD]

木枯し紋次郎(5)[DVD]

最安価格: ¥4,180

色あせた紺の合羽に三度笠、長い楊枝に左ほおの優。股旅小説に新風を吹きこみ、テレビ化し話題となった、笹沢左保原作の映画化。
新・極道の妻たち[DVD]

新・極道の妻たち[DVD]

最安価格: ¥2,895

ある極道一家の跡目争いの中で母子の絆に苦悩しながらも迫りくる大組織と闘う極道の妻の姿を描くシリーズ第5弾。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース