役所広司「キツツキと雨」の“最初の観客”は「沖田修一監督だった」

2018年10月26日 18:20

観客からの質問に応じた役所広司ら
観客からの質問に応じた役所広司ら

[映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭「Japan Now」部門の特集企画「映画俳優 役所広司」で、「キツツキと雨」が10月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、役所広司古舘寛治、メガホンをとった沖田修一監督がティーチインに出席した。

役所が小栗旬と初共演を果たした本作は、人里離れた小さな村で暮らす木こり・克彦(役所)と、デビュー作の撮影に悪戦苦闘する新人監督・幸一(小栗)の交流を、コミカルな要素を盛り込みながら温かく描いた作品。クランクインを果たしたのは、東日本大震災直後のことだったそうで、役所は「僕たちは映画を撮っていていいんだろうかと話し合いになった」と述懐。だが、本作を通じて「笑顔を届けられる」という結論に達し、一致団結して撮影に臨んでいたようだ。

助監督の鳥居役で出演した古館が「沖田監督の映画には、この作品まで全部出ているんです。でも、この作品以降呼ばれなくなった。何か粗相をしたのかな(笑)」と冗談交じりに話すと、役所は「(克彦が)木を伐採するシーンで、(倒れる先にいた)古館君が逃げるんです。監督は危ない感じを求めていたんですけど、1度逃げ過ぎたんですよね」とリテイクしていたことを暴露。1本の伐採ごとに数十万円もかかってしまうシーンだったようだが、「もう1本切ったのに、あまり近くにいけなかった」(古館)という言葉を受けて「それで呼ばれなくなったんじゃない?」といじり倒していた。

第24回東京国際映画祭では、審査員特別賞を獲得した「キツツキと雨」。役所の記憶に鮮明に残っていたのは、受賞が決まった後に開催した打ち上げでの出来事だ。「(共同脚本の)守屋(文雄)君が、監督と狭い部屋で本を書いたという思い出を熱弁したんですよ。監督、感極まっちゃって。手にしていた紙ナプキンが(涙を拭くことで)ものすごくちっちゃくなるまで泣いていましたね」としみじみ。一方、撮影の日々で印象的だったのは、ユンボの操縦。「(役所は)ずっと1人で練習されていました。林業の方々が『あんなに短期間でユンボが扱えるようになる人は初めて』と仰ってましたね」(沖田監督)と明かされると、役所は「ユンボは面白いんですよ。ガンダムに乗っているような感じです(笑)」と振り返っていた。

沖田作品の大ファンだという観客から「演技を見ているというよりは“お喋り”、映画を見ているというよりは1つの情景をのぞかせてもらっている」という共通イメージがあるという意見が飛び出すと、役所は「のぞき見をしているという感覚を抱かせているということは、映画が成功しているということですよね。見せているというよりは、こっちが“見られている”。監督はあまりカットを割らないスタイルですから、狙い通りにいっている」と説明。さらに「テストの段階で撮影手法を説明してくれるんですが、俳優さんの芝居を1度見て、その場でプランを考えてくれるんですよね。『最初のお客さんは監督だった』みたいな感じになるんじゃないでしょうか」と語っていた。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで六本木ヒルズ、東京ミッドタウン日比谷などで開催。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
キツツキと雨
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 大ヒット映画「RRR」話題の名字幕「ナートゥをご存じか」は、なぜ「ご存じか」だったのか? 翻訳した2人に聞いてきた

    1

    大ヒット映画「RRR」話題の名字幕「ナートゥをご存じか」は、なぜ「ご存じか」だったのか? 翻訳した2人に聞いてきた

    2023年2月1日 07:00
  2. 「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」木村文乃が奈々瀬役、なにわ男子・長尾謙杜が青年期の露伴役! 追加キャスト発表

    2

    「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」木村文乃が奈々瀬役、なにわ男子・長尾謙杜が青年期の露伴役! 追加キャスト発表

    2023年2月1日 08:00
  3. ジェームズ・ガンによる“新生”DCユニバース10作品が明らかに

    3

    ジェームズ・ガンによる“新生”DCユニバース10作品が明らかに

    2023年2月1日 10:30
  4. 「鬼滅の刃」最新情報が2月3日の特番「鬼滅テレビ」で発表 花江夏樹、鬼頭明里らキャスト結集

    4

    「鬼滅の刃」最新情報が2月3日の特番「鬼滅テレビ」で発表 花江夏樹、鬼頭明里らキャスト結集

    2023年2月1日 16:00
  5. 2022年映画年間興収が歴代7位まで回復、邦画で興収100億円超3本は史上初

    5

    2022年映画年間興収が歴代7位まで回復、邦画で興収100億円超3本は史上初

    2023年2月1日 09:00

今週