ジュリアン・シュナーベル、ゴッホの晩年描く新作を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月6日 > ジュリアン・シュナーベル、ゴッホの晩年描く新作を語る
メニュー

ジュリアン・シュナーベル、ゴッホの晩年描く新作を語る

2018年10月6日 14:00

ジュリアン・シュナーベル「アット・エターニティズ・ゲート(原題)」

ジュリアン・シュナーベル
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ウィレム・デフォーがヴァン・ゴッホに扮する8年ぶりの新作、「アット・エターニティズ・ゲート(原題)」の公開が待たれるジュリアン・シュナーベルが、スイスのチューリッヒ映画祭を訪れ、マスタークラスを開催した。

シュナーベルといえば、自身と交流のあった画家、ジャン・ミシェル・バスキアの自伝「バスキア」で監督デビューを果たし、国際的に高い評価を得た「夜になるまえに」や「潜水服は蝶の夢を見る」で知られる。この日は新作の話題のみならず、過去の作品の苦労話や知られざるエピソードを語った。「バスキア」では、キャスティングディレクターがバスキアのことを知らなかったため、ハイチ系アメリカ人にも拘らずヒスパニック系のベニチオ・デル・トロを推薦したこと。このとき彼に脇役を演じてもらったのをきっかけに、「夜になるまえに」では主人公の詩人、レイナルド・アレナス役に彼を考えていたものの、諸々の事情で流れ、当時はまだ世界的には知られていなかったハビエル・バルデムを起用したことなど。「バルデムのことは『ハモンハモン』で知った。これを観て、この俳優はまんまこの役のような人物か、素晴らしい演技者かどちらかだと思ったが、後者だった(笑)」。

シュナーベルは「夜になるまえに」にカメオ出演を果たしたジョニー・デップにも触れ、「彼は本当に素晴らしい。しかもノーギャラで出演してくれたんだ。いまの彼に何が起こっているかはわからないけれど、僕にとって彼は本当に天使のような存在だ」と語った。


画像2

[拡大画像]

また、一時映画化を考えていたパトリック・ジュースキントのベストセラー小説「パフューム」について、「実現できなかったのはとても残念だ。映画化されたもの(トム・ティクバの「パフューム ある人殺しの物語」)を観たけれど、全然良くないと思った」と忌憚のない意見を披露。さらにモーリス・ピアラの「ヴァン・ゴッホ」について、「ピアラはフランスで偉大な監督として認められているけれど、この映画はありきたりな自伝でがっかりした。(ゴッホ役の)ジャック・デュトロンも良さが発揮されていないと感じた」と、こちらも率直な意見を語った。

シュナーベル版のゴッホはたしかに、ゴッホの半生を描いたクラシックな伝記とは異なる。彼の晩年に的を絞り、あくまで彼の視点を通して描き、その感性を観客に感じとらせるようなユニークなアプローチだ。今年のベネチア国際映画祭のコンペティションに出品され、デフォーが男優賞を受賞したことでも話題になった。

シュナーベルはさらに、パリのオルセー美術館で、10月10日から開催される展覧会のキュレーションも務める。これは画家であるシュナーベルの眼を通して、オルセーが誇るゴッホ、ゴーギャン、印象派の画家たちの作品を紹介するもの。「個々の作品は有名なものばかりだが、ビジターには今回の新しい展示空間を通して、新たなパースペクティブから作品を感じて欲しい」と語っているだけに、どんな展覧会になるのか楽しみだ。(佐藤久理子)

(映画.com速報)
バスキア Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] バスキア Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 多くの人に愛されながら、27歳の若さで他界した天才画家ジャン=ミシェル・バスキアの生涯を、彼が駆け抜けた80年代のホットなNYアートシーンを背景に描いた伝記映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi