川栄李奈、亡き大杉漣さんとの共演に感謝「自分より私に気を配ってくれた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月25日 > 川栄李奈、亡き大杉漣さんとの共演に感謝「自分より私に気を配ってくれた」
メニュー

川栄李奈、亡き大杉漣さんとの共演に感謝「自分より私に気を配ってくれた」

2018年9月25日 22:05

舞台挨拶に立った川栄李奈ら「恋のしずく」

舞台挨拶に立った川栄李奈ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の川栄李奈の初主演映画「恋のしずく」の完成披露試写会が9月25日、東京・丸の内TOEI2で行われた。川栄は、共演の小野塚勇人中村優一瀬木直貴監督とともに舞台挨拶に立った。

広島の造り酒屋に研修に行く女子大生役。東広島で約1カ月のロケに臨み、「すごく人見知りなので、仲良くなれるか不安もあったけれど、撮影初日に皆でこたつでご飯を食べたのが、お正月に親せきが集まっているようだった。それで入りやすくなり、毎日、日本酒を飲んでいました」と満足げに振り返った。

だが、ロケに使用した蔵元が7月の西日本豪雨で被災したこともあり、「街の人の協力がなければできなかった。人の温かさやきれいな風景がスクリーンを通して伝わればいい」と神妙な面持ち。瀬木監督は被災後にスタッフら約40人と現地に赴き、泥のかき出しなどを手伝ったという。

また、今年2月に亡くなった大杉漣さん(享年66)とも共演し、「待ち時間に、縁側でひなたぼっこをしながら、いろんなことをお話しした。本番では、自分のことより私のことに気を配ってくださりうれしかった」と感謝。大杉さんの息子役を演じた小野塚は、「仲の悪い設定だったので、話せたのは挨拶くらい。でも、そういう人だから距離を置いているんだと小市(慢太郎)さんが教えてくださり、一緒のシーンでは背中から出る空気で語っていただいた」としのんだ。

完成を記念して鏡抜きも行い、小野塚は「1年前からひとつひとつ丁寧に作り上げて、一人一人の気持ちの動きが鮮明に描かれています」とアピール。川栄も、「すべてのスタッフ、キャスト、そして大杉漣さんの思いが詰まっています。面白かったというより、ほっこりした、もう1度見たい、広島に行ってみたいと思ってもらえてらうれしいです」と言葉に力を込めた。

恋のしずく」は、ワインソムリエを目指すリケジョの女子大生が、なぜか日本酒の酒蔵に研修に行くことになるが、蔵元らさまざまな人々との出会い、日本酒造りを通して人生の目標を見定めていく姿を描く。10月13日から広島県で先行公開、同月20日から全国で封切られる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報