【全米映画ランキング】「ルイスと不思議の時計」がV マイケル・ムーア監督「華氏119」は7位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月25日 > 【全米映画ランキング】「ルイスと不思議の時計」がV マイケル・ムーア監督「華氏119」は7位
メニュー

【全米映画ランキング】「ルイスと不思議の時計」がV マイケル・ムーア監督「華氏119」は7位

2018年9月25日 16:00

1位は「ルイスと不思議の時計」「華氏119」

1位は「ルイスと不思議の時計」
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィス。約2700万ドルのオープニング興収で首位に立ったのはジャック・ブラック主演のファンタジー大作「ルイスと不思議の時計」だった。

ジョン・ベレアーズのファンタジー小説「壁のなかの時計」を「キャビン・フィーバー」「ホステル」などのホラー作品で知られるイーライ・ロス監督が映画化した同作。両親を亡くし、叔父でポンコツの魔法使いであるジョナサンと一緒に暮らすことになった少年ルイスの冒険が描かれる。厳しめのレビューを書かれることの多いロス監督だが、今回は批評・興行ともにまずまずのスタートとなった。共演はオスカー女優ケイト・ブランシェット、「ツイン・ピークス」のカイル・マクラクラン、ロス監督の妻ロレンツァ・イッツォ

2位は前週からワンランクアップしたアナ・ケンドリックブレイク・ライブリー主演のR指定犯罪スリラー「A Simple Favor」。若い女性を集客し累計は約3200万ドルに。

3位「死霊館のシスター」は累計1億ドルを突破。今週中にも第1作「死霊館」(13年/最終興収1億3700万ドル)に次ぐシリーズ歴代2位の成績を収めることになる。

そしてドキュメンタリー映画としては破格の1700サイト超での公開となったマイケル・ムーア監督の最新作「華氏119」はオープニング興収約300万ドルで7位デビュー。2016年11月9日に第45代米大統領となることが確定したドナルド・トランプ氏を厳しく糾弾する作品だが、「トランプ」関連の著作、テレビドキュメンタリーなどは巷に溢れかえっているため、「わざわざ映画で見なくても」という空気が醸成されたか、予想よりは振るわず控えめなスタートとなってしまった。

今週末はワーナー・ブラザース製作のアニメ「スモールフット」、ケビン・ハート主演の最新コメディ「Night School」に、「ターミネーター」のゲイル・アン・ハード製作のホラー「Hell Fest」などが公開となる。

(映画.com速報)
ホステル 無修正版[Blu-ray/ブルーレイ] ホステル 無修正版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 クエンティン・タランティーノが製作総指揮を手掛け「キャビン・フィーバー」のイーライ・ロス監督がメガホンを取った衝撃ホラー。
死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥954 ジェームズ・ワン監督が実話をベースに描き、全米ではR指定ながらも興行収入1億ドルを突破する大ヒットを記録したホラー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi