“スーパーマン”ヘンリー・カビル、DCユニバースから離脱 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月18日 > “スーパーマン”ヘンリー・カビル、DCユニバースから離脱
メニュー

“スーパーマン”ヘンリー・カビル、DCユニバースから離脱

2018年9月18日 08:00

DCユニバースから離脱「ジャスティス・リーグ」

DCユニバースから離脱
Clay Enos/ TM & (C) DC Comics
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND
RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スーパーマンを演じてきたヘンリー・カビルがDCユニバースから離脱することになったと、米Deadlineが報じた。

カビルは、ザック・スナイダー監督の「マン・オブ・スティール」(2013)でスーパーマン役として抜擢。その後もスナイダー監督がメガホンをとった「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(16)と「ジャスティス・リーグ」(17)でスーパーマンを演じ、DCユニバースの要を務めてきた。

しかし、DCのスーパーヒーローが結集する「ジャスティス・リーグ」の世界累計興行収入が6億5790万ドルと期待外れの結果に終わった後、米ワーナー・ブラザースはカビル版スーパーマンの方向性を模索。一時は「クリード チャンプを継ぐ男」「ブラックパンサー」のマイケル・B・ジョーダンにスーパーマン役を差し替える案も検討されたが、すでに新「スーパーマン」の企画開発は停止。現在はスーパーマンのいとこを主人公にした「スーパーガール」に注力しており、「クローバーフィールド・パラドックス」のオーレン・ウジエルが脚本を執筆している。

米ワーナーの広報担当は、スーパーマン役を卒業することになったカビルに対し「私たちはヘンリー・カビルと素晴らしい経験を築いており、彼に対する尊敬の念は今後も変わりません」とコメントを発表している。なお、ベン・アフレックも、アルコール依存の治療で再びリハビリ施設入りしたため、バットマン役の継続は難しいとみられている。

一方、ワンダーウーマン役のガル・ギャドットやアクアマン役のジェイソン・モモア、フラッシュ役のエズラ・ミラーらは継続の予定。今後のDCユニバース作品は、「アクアマン」(12月21日)、「シャザム!」(19年4月5日)、「ザ・ジョーカー」(19年10月4日)、「ワンダーウーマン1984」(19年11月1日)が全米公開を控えている。

(映画.com速報)
マン・オブ・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] マン・オブ・スティール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥954 「ダークナイト」のクリストファー・ノーランが製作、「300 スリーハンドレッド」のザック・スナイダー監督のメガホンでリブートされた新たな「スーパーマン」。
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生[Blu-ray/ブルーレイ] バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥954 「マン・オブ・スティール」の続編で、ヘンリー・カビル演じる主人公のクラーク・ケント=スーパーマンに加え、DCコミックを代表するヒーロー「バットマン」も登場。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi