【国内映画ランキング】「コード・ブルー」V3、上位に変動なく「オーシャンズ8」は5位スタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月13日 > 【国内映画ランキング】「コード・ブルー」V3、上位に変動なく「オーシャンズ8」は5位スタート
メニュー

【国内映画ランキング】「コード・ブルー」V3、上位に変動なく「オーシャンズ8」は5位スタート

2018年8月13日 19:15

3週連続の首位!「オーシャンズ8」

3週連続の首位!
(C)2018「劇場版コード・ブルー
ドクターヘリ緊急救命」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 8月11~12日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お盆休み前の週末は上位3作品に変動はなく、「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が3週連続で首位を堅持した。週末2日間で動員45万5000人、興収6億1300万円をあげ、累計動員は早くも406万人、興収は52億円を突破している。

2位の「ミッション:インポッシブル フォールアウト」は、週末2日間で動員37万人、興収5億3000万円を記録。累計動員は150万人、興収は20億9000万円をあげ、公開10日間で興収20億円を突破した。「インクレディブル・ファミリー」も週末2日間で動員36万8000人、興収4億6700万円をあげて3位をキープし、累計はこちらも20億円を超えた。

新作のランクインは5位に初登場した「オーシャンズ8」のみ。同作は、大ヒット作「オーシャンズ」シリーズを、新たにオール女性キャストで描くクライムエンタテインメント。10日より公開され、土日2日間で動員17万8000人、興収2億4500万円を稼いだ。2007年8月に公開され、最終興収32億円を記録した「オーシャンズ13」は、先行上映を含む公開3日間で動員36万2000人、興収4億8595万円をあげており、まずは興収20億円超えが当面の目標になりそうなスタートとなった。

公開5週目の「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が週末2日間で動員19万9000人、興収3億0900万円を記録し6位から4位に、公開4週目の「未来のミライ」は7位から6位に順位を上げている。「ジュラシック・ワールド」は累計興収が65億円、「未来のミライ」は20億円を突破した。なお、絶好調が続いている「カメラを止めるな!」は11位に後退したが、興収では9位の「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を上回っており、累計興収は4億円を突破している。

(映画.com速報)
オーシャンズ13[Blu-ray/ブルーレイ] オーシャンズ13[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥954 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットら超豪華キャストの競演で毎回話題を呼んでいる人気シリーズの第3弾。
ジュラシック・ワールド[Blu-ray/ブルーレイ] ジュラシック・ワールド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 スティーブン・スピルバーグ監督によるメガヒット作「ジュラシック・パーク」のシリーズ4作目。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi