【国内映画ランキング】「コード・ブルー」V3、上位に変動なく「オーシャンズ8」は5位スタート

2018年8月13日 19:15

3週連続の首位!
3週連続の首位!

[映画.com ニュース] 8月11~12日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お盆休み前の週末は上位3作品に変動はなく、「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が3週連続で首位を堅持した。週末2日間で動員45万5000人、興収6億1300万円をあげ、累計動員は早くも406万人、興収は52億円を突破している。

2位の「ミッション:インポッシブル フォールアウト」は、週末2日間で動員37万人、興収5億3000万円を記録。累計動員は150万人、興収は20億9000万円をあげ、公開10日間で興収20億円を突破した。「インクレディブル・ファミリー」も週末2日間で動員36万8000人、興収4億6700万円をあげて3位をキープし、累計はこちらも20億円を超えた。

新作のランクインは5位に初登場した「オーシャンズ8」のみ。同作は、大ヒット作「オーシャンズ」シリーズを、新たにオール女性キャストで描くクライムエンタテインメント。10日より公開され、土日2日間で動員17万8000人、興収2億4500万円を稼いだ。2007年8月に公開され、最終興収32億円を記録した「オーシャンズ13」は、先行上映を含む公開3日間で動員36万2000人、興収4億8595万円をあげており、まずは興収20億円超えが当面の目標になりそうなスタートとなった。

公開5週目の「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が週末2日間で動員19万9000人、興収3億0900万円を記録し6位から4位に、公開4週目の「未来のミライ」は7位から6位に順位を上げている。「ジュラシック・ワールド」は累計興収が65億円、「未来のミライ」は20億円を突破した。なお、絶好調が続いている「カメラを止めるな!」は11位に後退したが、興収では9位の「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を上回っており、累計興収は4億円を突破している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
オーシャンズ13[Blu-ray/ブルーレイ]

オーシャンズ13[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,070

ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットら超豪華キャストの競演で毎回話題を呼んでいる人気シリーズの第3弾。
ジュラシック・ワールド[Blu-ray/ブルーレイ]

ジュラシック・ワールド[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,099

スティーブン・スピルバーグ監督によるメガヒット作「ジュラシック・パーク」のシリーズ4作目。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ROOM237
  • ヘンリー
  • スペイン一家監禁事件
  • カルト
  • オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主
  • バレット・バレエ
  • 映画「怪談新耳袋 殴り込み!」【TBSオンデマンド】
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • ザ・ボーイ ~人形少年の館~
  • 稲川淳二 真相 恐怖の現場~恐怖の検証~ Vol.4 《異界へ誘う、呪縛トンネル / 生霊が嘆く墓》
OSOREZONE

Powered by 映画.com