サンシャイン池崎、“ヒーロー”斎藤工には「足向けて寝られない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月8日 > サンシャイン池崎、“ヒーロー”斎藤工には「足向けて寝られない」
メニュー

サンシャイン池崎、“ヒーロー”斎藤工には「足向けて寝られない」

2018年8月8日 20:30

小島瑠璃子とサンシャイン池崎「インクレディブル・ファミリー」

小島瑠璃子とサンシャイン池崎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ディズニー/ピクサー最新作「インクレディブル・ファミリー」の大ヒット御礼舞台挨拶が8月8日、東京・TOHOシネマズ日本橋で行われ、日本語吹き替え声優を務めた小島瑠璃子サンシャイン池崎が登壇した。

第77回米アカデミー賞で、長編アニメーション賞と音響編集賞に輝いた「Mr.インクレディブル」の続編。8月1日に封切られ、7日時点では、観客動員数98万人を突破、興行収入11億6853万円を記録している。人や物の瞬間移動ができる能力を持つヴォイド役の小島、電気を自由自在に操れるヘレクトリクス役の池崎は、それぞれのキャラをイメージした衣装で登場。2人には物語の内容にちなみ「自分にとっての“スーパーヒーロー”は誰?」という質問が投げかけられた。

小島にとっての“スーパーヒーロー”は、所属事務所の先輩・井森美幸。「この前“20年前にはこんな番組があった”という趣旨の番組に出演したんです。そしたら、今と全く変わらない立ち位置とキャラクターで、井森さんが20年前の番組出ていたんです。長く変わらず愛されていて、すごいなぁと思いました」と尊敬の念をにじませていた。

池崎は、自身の持ちネタを世の中に広めてくれた恩人・斎藤工。「あの人が僕の真似をしてくれたことで、(自分が)話題になりましたから。僕の真似をしてくれていた時に見ていましたけど、本当に格好良くて。斎藤工さんには足向けて寝れないですね」と思いの丈を述べると、小島は「あれでサンシャイン池崎さんの芸が、1周回って面白いってことになりましたもんね」とチクリ。その発言にすぐさま反応した池崎は「どういうことだよ!? 面白くない瞬間があったのか! 『これ、本当は面白いのか?』と疑ってたんだろ」と愚痴をこぼしていた。

夏休みの思い出を聞かれた小島は「父の実家がペンションを経営していたので、毎年そこに行ってました。海で泳いでから、おじいちゃんの作ったハンバーグを食べるのが好きでしたね」と微笑ましい回答。そして「空前絶後のボロい家に住んでいた。大人ひとり、5分あれば素手で破壊できる」と明かした池崎は「台所は木造で、洗剤が染み込んでいたんですよ。台風が来ると、雨の影響で洗剤がにじみ出てきて、暴風が吹くことでシャボン玉がブワーっと舞っていた。家中がファンタジーだった」と驚嘆のエピソードを披露していた。

(映画.com速報)
Mr.インクレディブル MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] Mr.インクレディブル MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,127 元スーパーヒーローだった一家が、自分達のパワーの源はお互いの中にあるということを再発見する、勇気と感動のアドベンチャードラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi