失われた傑作「恐怖の報酬」がオリジナル完全版で復活 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月8日 > 失われた傑作「恐怖の報酬」がオリジナル完全版で復活
メニュー

失われた傑作「恐怖の報酬」がオリジナル完全版で復活

2018年8月8日 12:00

失われた傑作が約40年ぶりに“完全版”で復活「恐怖の報酬」

失われた傑作が約40年ぶりに“完全版”で復活
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞5部門に輝いた「フレンチ・コネクション」(1971)、世界中でオカルトブームを巻き起こした「エクソシスト」(1973)で知られる巨匠ウィリアム・フリードキンが手がけた「恐怖の報酬」がオリジナル完全版として、スクリーンに復活することになった。

南米のジャングルを舞台に、反政府ゲリラによって爆破された油田の火災を鎮火させるため、4人の犯罪者が1万ドルの“報酬”と引き換えに、危険なニトログリセリン運搬を引き受けるサスペンス大作。2台のトラックに分乗し、道なき道300キロを突き進む男たちの運命は? アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の同名作をリメイクし、1977年6月に全米公開された。

ユニバーサルとパラマウントの2大メジャースタジオが破格の製作費2000万ドル(現在の100億円相当)を共同出資し、3大陸5か国に及ぶ大規模なロケを敢行。完成までに、2年を超える製作期間を費やした。人生のどん底からはい上がろうと、命をかける男たちの運命を冷酷非情なリアリズムで描ききり、ホラー作家のスティーブン・キングが「人生で最も好きな映画」と公言。クエンティン・タランティーノ監督は、自身のオールタイム・フェイバリット12本の 1 本に選出するなど、熱狂的なファンが多い作品だ。

しかし、同時期に公開されたジョージ・ルーカス監督の「スター・ウォーズ」(1977)が巻き起こした一大旋風の直撃を受けて、興行的に失敗。日本をはじめ北米以外では、監督に無断で約 30 分カットされた 92 分の“短縮版”が配給され、正当な評価を受けることなく公開が終了した。

また、2大メジャーの共同出資が原因で、権利者不明の状態に陥り、長きにわたって全世界的に上映不可。北米以外では DVD も発売されず、映画ファンの間では長年「幻の作品」「失われた傑作」として位置づけられていた。

こうした状況に業を煮やしたフリードキン監督は 2011 年、自らスタジオ 2 社を提訴し 、権利者を特定。2013 年には、オリジナル完全版(121分)の 4Kデジタル修復に着手した。同年のベネチア映画祭でのプレミア上映を皮切りに、2014年にロサンゼルス、2015年にパリ、2016 年にカンヌ映画祭、2017年にロンドンで上映。各地で再評価の嵐が巻き起こるなか、ついに「恐怖の報酬 オリジナル完全版」が日本上陸を果たす。

「恐怖の報酬 オリジナル完全版」は、11月24日から全国で順次公開。

(映画.com速報)
エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版[Blu-ray/ブルーレイ] エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥786 世界中にオカルトブームを巻き起こした戦慄のホラー映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi