フレンチ・コネクション

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
フレンチ・コネクション
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

 ニューヨーク、麻薬密売ルートを探るポパイことドイルと相棒のラソー両刑事は、マルセイユからやってきたシャルニエの尾行を開始。強引な捜査を行なうドイルは逆に命を狙われることになり……。ニューヨーク市警の刑事ふたりが繰り広げる決死の捜査を描いたサスペンス・アクション。高架線下のカーチェイスは映画史に残る名場面となった。

1971年製作/104分/G/アメリカ
原題:The French Connection
配給:20世紀フォックス映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第29回 ゴールデングローブ賞(1972年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ジーン・ハックマン
最優秀監督賞 ウィリアム・フリードキン

ノミネート

最優秀脚本賞 アーネスト・タイディマン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ローンウルフ 真夜中の死闘
  • ミラーズ 呪怨鏡
  • レザボア・ヴァンパイア
  • マインズ・アイ
  • 恐怖ノ黒電話
  • ザ・ハロウ/侵蝕
  • 凍える牙
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第1試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 準決勝 第2試合
  • 「怪談王2019」決勝大会 決勝戦
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

4.0とにかくカメラがすごい

あき240さん
2019年5月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

誰でも覚えている名シーンは高架上の地下鉄をその下の道路を車で爆走して追いかけるシーンだろう
犯人が乗った駅はおそらくブルックリンの港50丁目駅
次の駅は港25丁目駅と駅員が言うので、都心方向に追いかけた筈だが、映像ではどうも逆方向に走っているように見える
この区間を、行ったり来たりで撮影したようだ

とにかくカメラがすごい
撮影はオーウェン・ロイズマン
後に監督にもなってトッツィーなどヒットもある人
自然光のみ、手ブレの多用などドキュメンタリー的な撮り方で迫真性を追求しているが、こそに超ローアングルのスタイリッシュな映像を挟みアクセントを付けている

そのカーアクションのシーンのカメラも迫真性があり、名シーンとしてこれからも永遠に語り継がれるものだろう

東京で同じような光景の街並みは思い当たらないが、大阪にはとても良く似た所がある
新大阪駅の北側の御堂筋線東三国駅と南側の西中島南方駅の辺りだ
ここを高架を走る地下鉄の下を車で走ると、まんま本作の中に居るかのような気分になれる
特に西中島南方駅北口の交差点の信号を通過するときはベビーカーを押す婦人が現れそうなくらい、そっくりな風景がある
西中島南方駅のホームもその港50丁目駅に雰囲気が似ている
駅の周囲もブルックリンの街並みに近い猥雑な赴きがある

フリードキン監督はロイ・シャイダーがお気に入りでよく使うが、本作ではあまりうまく役にはまっていないと感じる
ジーン・ハックマンのキャラとかぶり気味で引き立つどころか相殺しているようで残念

最初の方のタイムズスクエアのコパカバーナのシーンで歌っているのは、なんとあのスリーディグリーズ!
これは今まで気付いてなかった
この当時はまだルーレットレーベルの所属の頃
この2年後、彼女達はPIRレコードに移籍して世界的大ヒットを連発するのはご存知の通り
あの超有名テレビ音楽番組ソウルトレインのテーマ曲TSOPを歌っているのが彼女達だと言えば多くの人が思い出すはずだ
日本でも大スターとなって何度も来日をしている
というか、半世紀後近い最近でも来日公演をしているぐらいだ
このシーンに写っているのはオリジナルメンバーで、彼女達が初めて中ヒットを記録してしばらくの頃だろう
本作が彼女達の大出世につながったきっかけだったのかもしれない
音楽担当のドン・エリスの慧眼だろうか

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5執念の捜査と狂気の追跡

2018年12月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

怖い

興奮

ジーンハックマン演じる主人公のポパイ刑事は、マフィア達を検挙する為に、麻薬の大口取引の現場を抑えようと捜査します。情報や証拠を抑える為なら荒っぽい手段も容赦なく使い、必要以上にしつこく追いかけ回します。時には周りの人々や市民に危害が加わってしまっても関係なく目的を追行しようとします。

そんな主人公の姿には執念そして狂気すら感じました。

カーチェイスのシーンは凄まじい迫力で、かなり衝撃的です。

見応えがあり、間違えなく傑作です。
フリードキンの鬼気迫る演出やはり凄い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アントニオバンデラス

4.0なんで引き込まれて

2018年9月19日
PCから投稿

多分それまでの会話が引き立てるのだろう。追い終われつだけなのに、見てる方が、どちらにも、感情移入してしまう。自暴自棄になり、死んでもやり遂げるとなり、その時その時目で体で、選択の連続、人生の縮図、苦しみ、憎み、怒り、諦め、悲しみ、希望、喜び、全てが詰め込まれている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

4.0強迫観念的追走劇

さん
2018年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ブルーレイで観直し。

とにかく執拗な追跡劇。
常軌を逸して捜査する姿は強迫観念的で、犯人側に同情してしまうほどだ。
このしつこさがクセになって、時々観たくなる一本。

刑事側にも犯人側にも同調できず、かといって傍観もできないという絶妙な位置で鑑賞させられる。

ドン・エリスの音楽とともに、70年代のニューヨークの空気を味わえます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
凪
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「フレンチ・コネクション」シリーズ関連作品