「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」メンバーがオバマ元米大統領前での演奏を述懐 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月18日 > 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」メンバーがオバマ元米大統領前での演奏を述懐
メニュー

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」メンバーがオバマ元米大統領前での演奏を述懐

2018年7月18日 19:00

エリアデス・オチョア(左)とポスタービジュアル(右)「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」

エリアデス・オチョア(左)とポスタービジュアル(右)
(C)2017 Broad Green Pictures LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1997年にグラミー賞を受賞し、2000年に公開されたドキュメンタリー映画(アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート)で空前のブームを巻き起こしたキューバの伝説的バンド“ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”の最後のツアーを追った「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」が、日本公開を迎える。同バンドのギター&ボーカルとして活躍し、キューバのカントリーミュージック「グアヒラ」の名ミュージシャンでもあるエリアデス・オチョアがインタビューに応じた。

「これまでメンバーでいられてとても幸せだ」と語るオチョアは、このバンドプロジェクトを通じて「世界中の人と出会えたことにとても感謝している」と思いを語る。最後のツアー「アディオス・ツアー」を追った本作については「見たよ。素晴らしい出来映えだ」と評し、「でも、実際のところ私はその出演者、一員に過ぎない。映画はツアーの終わりを描いているが、私の音楽活動や生活は今も続く。映画は作品として素晴らしいので、ぜひ楽しんでいただきたい」とメッセージを寄せた。

00年当時ですら平均年齢70歳という高齢グループ。作品中でも幾人かのオリジナルメンバーの死が伝えられるが、その事実が、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブに最後のツアーを決意させた。「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブは常に会場を観客で一杯にしてきたし、観客もこれからも続けてほしいと願っていた」とオチョアは言う。だが、「私たちもできればそうしたかったし、一方で(クライアントとの)契約もある。元々のメンバーもだいぶ減ってしまったからね、アディオス(さよなら)と言わなければならなくなったのは、仕方のないことといえばその通りだ」と続ける。

バラク・オバマ氏がアメリカの大統領時代の15年には、ホワイトハウスに招かれて生演奏も披露した。オチョアは、「(ホワイトハウスでの演奏は)世界的に見れば、何か政治的なことが問題にされたのかもしれない。ただ、私には、オバマ氏の前で演奏することも、普段のコンサート会場で観客ひとりひとりに音楽を届けるのもまったく同じ。常にそういう気持ちで演奏してきた」と振り返る。「私は、演奏家として、目の前の観客に音楽を届け笑顔にするのが仕事だ。それはいつもどこでも変わらない。オバマ氏も終始穏やかな笑顔で聞いてくださったよ」というシーンは、映画にも収められている。

そして、「ぜひ映画をご覧になって、この地球上に存在するキューバという国の歴史や美しさ、そしてキューバの伝統音楽の作品の数々と、演奏者個人の人生に触れて楽しんでいただきたい」と締めくくった。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」は、7月20日から全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi