「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」続編、熱狂の“アディオス”を追った予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月10日 > 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」続編、熱狂の“アディオス”を追った予告編
メニュー

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」続編、熱狂の“アディオス”を追った予告編

2018年5月10日 13:00

あれから18年、最後のツアーを追った「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」

あれから18年、最後のツアーを追った
(C)2017 Broad Green Pictures LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中にキューバブームを巻き起こした伝説の音楽ドキュメンタリー「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(1999)の続編「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」の予告編が、陽気で情熱的なメンバーたちの姿をとらえた劇中写真とメイキング写真とともに公開された。

アメリカのギタリスト、ライ・クーダーが、かつて第一線で活躍していたキューバのベテラン歌手や音楽家たちを集めたビッグバンド「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。1997年に発表した同名アルバムでグラミー賞に輝き、同グループの音楽と人柄にほれ込んだビム・ベンダース監督による映画はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネート。日本でもミニシアターの枠を超える大ヒットを成し遂げ、その熱狂は音楽・映画にとどまらない社会現象を巻き起こした。

前作から18年を経て完成した本作では、ベンダース監督が製作総指揮に回り、新たにルーシー・ウォーカー監督がメガホンを継ぎ、ステージでのグループ活動に終止符を打つと決めた現メンバーによる“アディオス”(さよなら)世界ツアーを追った。カメラは、“最後のステージ”を意識したメンバーたちに迫り、彼らのプロとしてのキャリアの浮き沈み、これまでのパーソナルな旅路、そしてメンバーの死にも肉薄していく。

予告編では、当時一世を風びしたブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの熱狂のステージと、メンバーたちの過去の貴重映像からスタート。続いて、「最後の演奏は墓の中でするよ」「最期の最期まで歌い続けたい」「俺は遅咲きだったが、人生の花は誰にでも必ず訪れるよ」と、人生を重ねてきたメンバーたちの心に響く名言が連なる。情熱的なラテンの調べと、ライブ会場を埋め尽くした観客たちの熱狂、鳴りやまないアンコールが胸を熱くする。

このほど新たに公開された写真では、にぎやかな移動風景や、ハバナのカール・マルクス劇場で演奏する姿、メインボーカルのイブライム・フェレールルベーン・ゴンザレスが映し出されたステージなどが切り取られており、メンバーたちのエネルギッシュな生き様が感じられる。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」は、7月20日から、TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開。

(映画.com速報)
ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ Film Telecine Version[DVD] ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ Film Telecine Version[DVD] 最安価格: ¥2,200 プロデューサーのライ・クーダーとヴィム・ヴェンダース監督が贈る音楽ドキュメンタリー映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi