マーベル「シルク」の単独映画が開発中 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月3日 > マーベル「シルク」の単独映画が開発中
メニュー

マーベル「シルク」の単独映画が開発中

2018年7月3日 11:00

ティファニー・エスペンセン「ヴェノム」

ティファニー・エスペンセン
Photo by Steve Granitz/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズが、プロデューサーのエイミー・パスカルとのタッグで、マーベル・コミックスの人気女性ヒーロー「シルク」を主人公にした単独映画を企画していることが、米Deadlineによって明らかになった。

ピーター・パーカー/スパイダーマンが特殊なクモに噛まれた際、実はもう1人同じクモに噛まれた少女がいた、という設定のもと誕生した「シルク」ことシンディ・ムーンは、韓国系アメリカ人のスーパーヒロイン。原作コミックでは、同じクモに噛まれたことからスパイダーマンに似た能力を持つものの、ウェブ・シューターの代わりに指先からクモ糸を放つのをはじめ、見聞きした対象をそのまま視覚像として鮮明に記憶する映像記憶能力、スパイダーセンス(危険を察知する第六感)よりさらに鋭い“シルクセンス”など、スパイダーマンをも上回る能力の持ち主として描かれている。

ちなみにシンディ・ムーンは、ピーターも所属する学力コンテスト・チームの一員として、「スパイダーマン ホームカミング」と「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」ですでにスクリーンデビューを果たしている。いずれもティファニー・エスペンセンが演じたことから、単独映画でもエスペンセンが主演を務めるのではないかと予想されている。

スパイダーマン ホームカミング」を皮切りに、スピンオフ映画の数々でスパイダーマン・ユニバースの拡大を図るソニーとパスカルは現在、第1弾となるトム・ハーディ主演、ルーベン・フライシャー監督の「ヴェノム」(12月全国公開)に続くスピンオフ第2弾として、同じくマーベル・コミックスの人気女性キャラクター、ブラック・キャットとシルバー・セーブルの活躍を、「リリィ、はちみつ色の秘密」の女性監督ジーナ・プリンス=バイスウッドのメガホンで描く「シルバー&ブラック(原題)」の製作準備も進めている。

(映画.com速報)
スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,329 3度目の映画化となる新たな「スパイダーマン」。トム・ホランドを主演に、「マーベル・シネマティック・ユニバース」に参戦した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi