リリー=ローズ・デップ&ロバート・パティンソン、ティモシー・シャラメ主演作に参戦

2018年6月28日 06:00

Netflixのオリジナル映画として2019年に配信
Netflixのオリジナル映画として2019年に配信

[映画.com ニュース] 「君の名前で僕を呼んで」でアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされたティモシー・シャラメが主演するNetflixの新作「ザ・キング(原題)」に、リリー=ローズ・デップ、ロバート・パティンソンショーン・ハリスベン・メンデルソーンが出演することが決定した。

本作は、ウィリアム・シェイクスピアの「ヘンリー四世」(第1&2部)と「ヘンリー五世」を題材にした作品。「ウォー・マシーン 戦争は話術だ!」のデビッド・ミショッド監督がメガホンをとり、脚本をミショッド監督と俳優ジョエル・エドガートンが共同で執筆した。米Deadlineによれば、1415年アジャンクールの戦い前から戦中、戦後を舞台に、シャラメは若く奔放なハル王子=ヘンリー5世役を演じ、エドガートンが彼を支え立派な君主へと導くフォルスタッフ役で出演も兼ねる。

リリー=ローズは、ヘンリー5世と結婚するフランスのキャサリン王女役。パティンソンはフランスの王太子役、メンデルソーンはヘンリー4世役を演じる。

本作は、6月1日からイギリスで撮影がスタートしている。ブラッド・ピットの製作会社プランBがプロデュースを手がけ、Netflixのオリジナル映画として2019年に配信される。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
君の名前で僕を呼んで(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース