オスカー女優ヘレン・ミレン「ウィンチェスターハウス」で気が重かったこととは?

2018年6月18日 17:00

ミレンが演じたのは、屋敷の増築に 取りつかれた未亡人
ミレンが演じたのは、屋敷の増築に 取りつかれた未亡人

[映画.com ニュース] 現存する幽霊屋敷の実話を映画化した「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」で、初の本格ホラー出演を果たしたアカデミー賞女優、ヘレン・ミレンのインタビュー映像が公開された。

ミレンが演じるのは、娘、夫を突然の病気で失った未亡人サラ・ウィンチェスター。残された家族を亡霊たちから守るために、38年間もの間、1年365日・1日24時間休むことなく屋敷を増改築し続けたという史実を基に、サラの精神鑑定を請け負った医師エリック(ジェイソン・クラーク)とともに、恐るべき厄災に立ち向かうさまが描かれる。

インタビュー映像でミレンは、「サラ・ウィンチェスターには多くのうわさがある。彼女は生存中から伝説の存在だったのよ。彼女が建てている屋敷のせいでね」と、サラの人物像を解説。「サラのうわさは当時からすでにささやかれていて、屋敷が複雑に大きくなるにつれ、うわさも広がっていった」と続け、その伝説が「今も語り継がれているのよ」と語っている。

また、当時の状況をリアルに再現して注目を集めている衣装と屋敷のセットについても言及。「調査資料を基に当時の衣服を再現したの。サラの写真などを参考にしたわ」と明かし、「屋敷をできる限り忠実に再現した。ジグザグに造られた不思議な階段や他にもいろんなものをね」と、オーストラリアのメルボルンに建造されたセットについて振り返っている。

亡霊の存在を信じ、屋敷の増改築にすべてを捧げる狂気をも感じさせる熱演を披露するミレン。「サラの着ていた服も写真から分かるから、細部の飾りまでは分からずとも可能な限りマネたわ」と役作りの秘けつを明かしつつ、「ただ、1日中コルセットを着けるのは楽しくなかったけどね」とおどけている。

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」は、「プリデスティネーション」「ジグソウ ソウ・レガシー」のマイケル&ピーター・スピエリッグ兄弟監督がメガホンをとった。6月29日から全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハードコア
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • デッド・ハーツ
  • 発狂する唇
  • 封印映像40
  • タイム・トラップ
  • 最後の審判
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com