スティーブ・カレル「30年後の同窓会」に感じたのは“誠実さ” インタビュー映像入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月9日 > スティーブ・カレル「30年後の同窓会」に感じたのは“誠実さ” インタビュー映像入手
メニュー

スティーブ・カレル「30年後の同窓会」に感じたのは“誠実さ” インタビュー映像入手

2018年6月9日 10:00

リチャード・リンクレイター監督の最新作「30年後の同窓会」

リチャード・リンクレイター監督の最新作
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リチャード・リンクレイター監督最新作「30年後の同窓会」(公開中)に出演するスティーブ・カレルのインタビュー映像を、映画.comが独占入手した。「出演を決めたのは、リンクレイター監督が一番の理由だった。素晴らしい監督だ。彼と仕事が出来るなんて、最高だよ」と切り出したカレルが、同作の魅力について語り尽くしている。

1年前に妻に先立たれ、2日前に遠い地で息子が戦死したドク(カレル)は、男ひとりで酒浸りになりながらバーを営むサル(ブライアン・クランストン)と、過去を捨てて牧師となったミューラー(ローレンス・フィッシュバーン)の2人の旧友を訪ね、息子の遺体を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼。30年前に起きたある事件をきっかけに人生が大きく変わった男たちが、旅路をともにして語り、笑い合い、悩みを打ち明けるなかで、再び人生に輝きを取り戻していく様子を描く。

撮影前には、リンクレイター監督、クランストン、フィッシュバーンとともに「1週間リハーサルをした」と打ち明けたカレルは「本読みするのは楽しくて刺激だったよ。もちろん脚本も素晴らしかったよ」と述懐。さらに「物語の結末やキャラクターの関係が明確な映画じゃない。でもその方が誠実で、僕は好きだ」と本作の出来に満足しているようだ。

戦争で抱えた“トラウマ”によって結ばれているドク、サル、ミューラーの関係性を「何度も衝突するし、相性がいいとも言えない」と説明しつつ「コメディじゃないけど映画のユーモアを伝えたい。たくさん面白いところがあるからね」と言葉を紡ぐカレル。そして「彼らの言葉はダークだけど、同時にユーモアが溢れている」「3人は時々、ケンカもするけど、でも、そこには間違いなくお互いへの思いやりがあるんだ」とコメントしている。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi