30年後の同窓会 : 映画評論・批評

メニュー

30年後の同窓会

劇場公開日 2018年6月8日
2018年6月5日更新 2018年6月8日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー

リンクレイターの成熟と偶然の時代性がベテラン3人衆の旅に深みを加えた

リチャード・リンクレイター監督の最新作「30年後の同窓会」は、ハル・アシュビー監督、ジャック・ニコルソン主演で1973年に公開された「さらば冬のかもめ」の“精神的な続編”とされる。どういう意味か? 後者の原作小説を書いたダリル・ポニックサンは、主要登場人物3人が共通する続編小説を2005年に発表。リンクレイターはポニックサンと共同で脚本を練り、小説の大筋は残しながらもキャラクターの名前と若干の設定を変え、独立した作品として映画化したのだ。

さらば冬のかもめ」を手短に紹介すると、荒くれの海軍士官2人が、微罪を犯した新兵をバージニア州のノーフォーク基地からニューハンプシャー州のポーツマス海軍刑務所に護送する任務に就くが、道中で3人に奇妙な友情が芽生えていくというストーリー。一方「30年後の同窓会」では、元海兵隊員のサルとミューラー、年下の元海軍衛生兵ドクは、30年前ベトナム戦争を共に戦った仲間。ノーフォークでサルが経営する店にドクが現れるところから始まり、現在は神父になっているミューラーと合流し、イラク戦争で戦死したドクの息子の遺体を埋葬するため、3人はドクの家があるポーツマスへと向かう。そう、“精神的な前作”の旅をなぞるかのように――単にルートが重なるだけでなく、飲んで遊んで電車に乗り遅れるエピソードなども反復される――本作の3人も旅を続けていくうち、それぞれの心境に変化が訪れ、友情を取り戻す。そして、逃れようとしてきた過去に向き合うことになるのだ。

画像1

妻と息子を相次いで失い悲嘆に暮れるドク役のスティーブ・カレル、酒浸りでジョーク好きなサル役のブライアン・クランストン、旅に気乗りせず不機嫌なミューラー役のローレンス・フィッシュバーン、3人の演技のバランスが抜群だ。監督は俳優たちと3週間に及ぶリハーサルを行い、彼らのやり取りを見て脚本をブラッシュアップしていったという。コメディを中心に多様な作品を手掛けてきたリンクレイターだが、3人の娘を持つ50代の今、家族への愛、長年の友情、大切な人を失う悲しみといった要素を、抑えた演出と鈍色の映像で描くあたりに成熟ぶりを感じさせる。

ベトナム戦争と9.11後のイラク戦争を重ね、権力者の嘘と隠蔽、正義と愛国心、戦場で失われる命について問いを投げかける本作には、原作発表から10年以上を経て映画化されたことで、図らずも“トランプの時代”の影が差すことになった。偶然とはいえ時代性を獲得したことで、作品のメッセージが深化し、今見るべき映画としての価値が高まった点も感慨深い。

高森郁哉

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全42件)
  • easy go 人生というものは最高でならなくてはならない。 そんな考えで凝り固まった脳をブライアンクラインストンが笑い飛ばす。 なにがあるか分からない人生を何があろうと楽しんで行けよと背中を押された。 自分の... ...続きを読む

    あおおに あおおにさん  2018年8月14日 19:51  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 地味だけど見る価値大! 良いも悪いも共有した昔。世代が変わっても似たようなことが繰り返される。 それぞれ立場は変わっても、今また、思いを共有できる幸せと悲しさ。 昔のつながりの強さを感じさせる。 ...続きを読む

    こばりん こばりんさん  2018年7月25日 06:15  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 続くね 次が楽しみです ...続きを読む

    あにゃい あにゃいさん  2018年7月24日 08:30  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi