「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」撮影監督の撮影プランにエマ・ストーン衝撃! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月14日 > 「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」撮影監督の撮影プランにエマ・ストーン衝撃!
メニュー

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」撮影監督の撮影プランにエマ・ストーン衝撃!

2018年6月14日 06:00

35ミリフィルムを使用「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

35ミリフィルムを使用
(C)2018 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ラ・ラ・ランド」のオスカー女優エマ・ストーンと「30年後の同窓会」が公開中のスティーブ・カレルが実在のテニス選手を演じた映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」の特別映像が、公開された。

リトル・ミス・サンシャイン」「ルビー・スパークス」を手がけたバレリー・ファリスジョナサン・デイトン監督コンビがメガホンをとった今作。1973年に世界的な注目を集めた「テニスの男女対抗試合」を題材に、29歳・現役世界チャンピオンの女性テニス選手ビリー・ジーン・キング(ストーン)と、元チャンピオンである55歳の男性選手ボビー・リッグス(カレル)の対決を描く。

映像では、当時の空気感を再現するべく製作陣が用いた手法が明かされる。デイトン監督は「撮影には35ミリフィルムを使い、1973年当時の映像に見えるように作った」、「ラ・ラ・ランド」も手がけたリヌス・サンドグレン撮影監督は、「1970年代の映像に見せることに、監督の2人はこだわっていた。物語を支えるための工夫としては、1970年代以降のビンテージ分析を参考にしたよ。そして、女性は未来志向、男性は過去志向と決めて、登場人物の顔の向きでそれを表現した。女性は未来を示す右を向き、男性は左を向いている」と明かす。サンドグレンによれば、「エマ(・ストーン)目線の映像は本人が撮った」とのことだ。

また、ストーンがカメラを持ち、撮影を行っている姿も収められている。ストーンは、「1970年代を描いた他の映画とは、映像がまるで違う。興味深かったわ。ピンクと青と赤があふれていて、全くの別世界なの。1970年代そのものよ。すばらしい映像だわ」と興奮気味に語っている。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ」は、7月6日から全国で順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi