バトル・オブ・ザ・セクシーズ
ホーム > 作品情報 > 映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」
メニュー

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

劇場公開日

解説

「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンが実在のテニスの女王を演じ、1970年代に全世界がその行方を見守った世紀のテニスマッチ「Battle of the Sexes(性差を超えた戦い)」を映画化。73年、女子テニスの世界チャンピオンであるビリー・ジーン・キングは、女子の優勝賞金が男子の8分の1であるなど男女格差の激しいテニス界の現状に異議を唱え、仲間とともにテニス協会を脱退して「女子テニス協会」を立ち上げる。そんな彼女に、元男子世界チャンピオンのボビー・リッグスが男性優位主義の代表として挑戦状を叩きつける。ギャンブル癖のせいで妻から別れを告げられたボビーは、この試合に人生の一発逆転をかけていた。一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンだったが、ある理由から試合に臨むことを決意する。ビリー・ジーン役をストーン、ボビー役を「フォックスキャッチャー」のスティーブ・カレルが演じた。監督は「リトル・ミス・サンシャイン」のジョナサン・デイトン&バレリー・ファリス。「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイルが製作、サイモン・ビューフォイが脚本。

キャスト

作品データ

原題 Battle of the Sexes
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 122分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) スティーブ・カレル
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) エマ・ストーン

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全2件)
  • 機内上映。 どの役者が演じているのか気づかないぐらいに70年代のファッションを忠実に再現している。 男女共に同年代の選手と試合をしたらやはり互角の勝負にはならないのではないか?と考えるとやはりスポーツは勝ち... ...続きを読む

    スベスベマンジュウガニ スベスベマンジュウガニさん  2018年4月25日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 1970年代の女性解放の空気が良くわかる ネタバレ! 主人公に共感する女性は多いに違いない。テニスは個人競技なので、男女を戦わせたら一体どんな結果が出るのだろうと興味があったので、実際にそれをやった人が、1970年代初頭に存在したことは軽く衝撃だっ... ...続きを読む

    GreenT GreenTさん  2018年3月10日  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi