30年越しで逮捕された「黄金州の殺人鬼」がドキュメンタリー番組に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月6日 > 30年越しで逮捕された「黄金州の殺人鬼」がドキュメンタリー番組に
メニュー

30年越しで逮捕された「黄金州の殺人鬼」がドキュメンタリー番組に

2018年5月6日 15:00

犯人逮捕で話題再燃のベストセラー書が映像化「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」

犯人逮捕で話題再燃のベストセラー書が映像化
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 先日30年越しで逮捕されたアメリカの連続殺人・強姦犯「ゴールデン・ステート・キラー(黄金州の殺人鬼)」を題材にしたノンフィクション書「I'll Be Gone in the Dark: One Woman's Obsessive Search for the Golden State Killer」が、ドキュメンタリーシリーズ化されることが決定した。

米HBOドキュメンタリー・フィルムズが5月1日(現地時間)に制作決定を発表した。映像化の権利獲得から1カ月足らずという異例のスピードで制作に着手。ドキュメンタリー映画「マリリン・モンロー 瞳の中の秘密」「ニーナ・シモン 魂の歌」のリズ・ガルバス監督がメガホンをとる。

1976~86年に起きた一連の事件では、少なくとも12人が殺害、45人が暴行され、100件以上の強盗被害があったとされている。犯行がカリフォルニア州の10郡で行われたことから、犯人は同州のニックネームにちなみ「ゴールデン・ステート・キラー」と呼ばれていた。86年の強姦・殺害事件を最後に犯人の足取りは途絶え、もはや迷宮入りと思われていたが、最後の事件から30年以上が経過した今年4月24日、米カリフォルニア州サクラメント近郊で72歳の元警察官が容疑者として逮捕され、全米で大きな話題となった。

原作は、今年2月に出版されニューヨーク・タイムズのベストセラー入りしていたが、このほどの犯人逮捕で人気が再燃しているという。著者の犯罪ジャーナリスト、ミシェル・マクナマラ氏は、事件の捜査資料や関係者のインタビューを行っていたが、執筆中の16年、睡眠時に突然死。調査に携わっていたポール・へインズ氏とビリー・ジェンセンが執筆を引き継ぎ、出版に至った。

米Deadlineによれば、ドキュメンタリーシリーズでは、マクナマラ氏の元夫で俳優のパットン・オズワルド(「レミーのおいしいレストラン」「エージェント・オブ・シールド」)が制作総指揮を務める。出版に尽力してきたオズワルドは自身のTwitterで「リズ・ガルバスと、このプロジェクトに取り組めことに恐縮しつつも興奮しています」とコメントを寄せた。放送時期など番組詳細は現時点では明かされていない。

(映画.com速報)
マリリン・モンロー 瞳の中の秘密[DVD] マリリン・モンロー 瞳の中の秘密[DVD] 最安価格: ¥3,283 死後50年を経て公開された直筆のメモや日記をもとに、女優マリリン・モンローのひとりの女性としての姿を浮き彫りにするドキュメンタリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi