「キャロル」脚本家、年間10万人が失踪する日本の社会問題を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月30日 > 「キャロル」脚本家、年間10万人が失踪する日本の社会問題を映画化
メニュー

「キャロル」脚本家、年間10万人が失踪する日本の社会問題を映画化

2018年3月30日 11:00

1年間で約10万人が失踪「キャロル」

1年間で約10万人が失踪
Dick Thomas Johnson on Visualhunt.com
/ CC BY
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ケイト・ブランシェットルーニー・マーラ主演の映画「キャロル」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたフィリス・ナジーが、ノンフィクション書籍「The Vanished: The Evaporated People of Japan in Stories and Photographs(原題)」を映画化する作品で、監督・脚本を手がけることがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、フランス人ジャーナリストのレナ・モーガー著、ステファン・ラマエル写真のベストセラー本「The Vanished」は、日本で1年間に約10万人が失踪しているという実態に追った作品。家族との不和、失業、借金などを理由に周囲との連絡を絶ち、これまでの生活を捨てて蒸発した人たちを追跡してインタビューし、彼らの夜逃げを手伝う闇稼業の仕組みを綴っている。

この内容に衝撃を受けたというナジーは、「権利を奪われ、存在を消され、社会から抹殺されたこの人たちの物語は、日本のことではありますが、このような状況は世界のあらゆるところで増えています。世界全体に共通する問題として、この本にとても引きつけられました」と明言。映画は、韓国のCJエンタテインメントが製作し、原作のまま日本を舞台に描く。

(映画.com速報)
キャロル[Blu-ray/ブルーレイ] キャロル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,872 エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの禁断の恋を描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi